2007年12月30日

補遺

20071224houyou.jpg

昨日が父親の四十九日でした。
法要は24日で、上のような景色が広がる地で行いました。
遠いのですが、父親にとっては思い入れのある地で、最後の遠出で訪れた地でもあります。
我が家にとってはこれから思い出を刻むことになるのでしょう。

夏ごろからブログの更新ペースが落ちていました。タイミングを逃すとなかなか書けないものですね。年を越す前にいくつかご報告します。
20070817kiln.jpg20070824diyshow.jpg

8月13日の報告から止まっていた電気炉2号のその後ですが、実は8月下旬のDIYショウに無理やり間に合わせていました。10分で800℃超の昇温速度は予定外でしたが、はし置きの焼成は問題なく出来ました。炉内寸法をたて250ミリ、よこ150ミリ、高さ75ミリと、薄いものを焼くための炉になっています。
コントローラーが間に合わず、1号炉のコントローラーを交互に切り替えて使ってしのぎました。昇温カーブも制御できるコントローラーの作り込みが今後の課題です。いずれまとめて報告したいと思います。


20071122budo.jpg20071207bd2.jpg

パン作りは、週に1、2回のペースで続いています。
長女NAが遠足で無農薬ブドウを取ってきたので、それで酵母をおこしました。製パンまでの過程のどこかで失敗するんだろうなと思っていたら、案外順調であっさりパンが出来ました。味や香りに特徴があるわけではなく、市販の天然酵母に勝っているとも思えませんが、なんとなくこの酵母を継ぎ継ぎパンを焼くようになりました。


20071124beam.jpg20071124logs.jpg

ログハウスのほうは小屋組みで、棟木や束のホゾ加工があと少し残っています。11月末に行ったとき、すでに地面に置いた木材は凍り付いてはがせなくなっていました。冬場は丸太どうしも凍り付いてしまうので、春まで作業は休むことにしました。雪対策にプラダンボールをかぶせてきました。冬の間に建具作りなど少しは進めないとと思っています。

このほか、棚を作ったり、壁にペンキを塗ったりしていました。
来年はも少しじっくりものづくりしてみたいと思っています。
どうぞ今後ともよろしくお願いします。
posted by TA at 23:51 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月19日

別れ

11日に父親が永眠しました。
介護が長期戦になるだろうと、そのことばかり考えていたので、準備も心構えも出来ていませんでした。
父親は気遣いの人だったので、迷惑掛けたくなかったのかなあなんて思います。
介護なんて大げさに構えず、さりげなくサポートできれば良かった。

やるべきことがあれこれ残っているし、まだいつもの暮らしの速度についていってないようにも思いますが、とりあえず前向いて、からだを慣らしつつ・・ですね。

先月と同じ文句になってしまいますが、、
またボチボチいかせていただきますので、よろしくお願いします。
posted by TA at 19:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月01日

ハロウィン

20071031halloween1.jpg

ハロウィン。おじさんには未だしっくりきませんが、子ども達は楽しんだ様子。
団地内の子ども達が仮装して、家々を回り、お菓子を集める。
そりゃ楽しいでしょ。

我が家は今年、なぜかバレリーナ。
悪霊が恐れをなす格好とか、悪霊そのものとか、そういうのがいかにもって感じですが、子ども達が頑なに拒絶。衣装製作担当SAの思いつきで、突如バレリーナ。本人達も快諾。

20071031ballerina1.jpgスカート

布を裁断し、ミシンでカタカタと。私には出来ないワザ。
そして試着。ゴワゴワスカートだけだといい具合にフワッとしてるけど、上にツヤツヤスカートが乗ると重みで垂れ下がり、いい形に決まらない。
丈を詰めたり、いろいろやってそれなりの形に。傍で見ている限り、ゴワゴワスカートがピンと横に広がるような波々構造をしてると具合がいい様子。


で、完成した衣装を着るなり本人達はノリノリ。

20071031halloween2.jpg20071031halloween3.jpg

クルクルまわったり、側転したり・・
って、そりゃ体操・・
まっいっか。
posted by TA at 01:31 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月04日

プチライブ配信

20070622skids1.jpg

6月22〜24、池袋サンシャイン60でSAVE KIDS キャンペーンというイベントのお手伝い。

例年通りアウトドアズフェスティバルと併設。写真のような丸太遊具の広場も定番になりました。アウトドアグッズのスーパーバーゲンではこっそりシューズをゲット。
今回は新たに全国私立保育園連盟の「子育てルネッサンス運動」に関連したシンポジウムも開催されました。「幼少期の子ども達の自然体験活動を考える」というタイトルで、パネラーに保育園関係者や自然体験活動団体代表、コーディネーターに清水國明氏という構成。私はむしろこちらの準備部隊として働くことに。

20070622skidslive.jpgネットでライブ配信

シンポジウムの様子をインターネット配信しました。PAはプロの方、エンコード&配信を素人の私が担当。

機器構成は、ビデオ機器-->エンコーダー-->配信サーバー-->(インターネット)。アクセス状況によっては、配信サーバーを各地に借りたりしなくてはいけないのでしょうが、今回は同時アクセス100程度の見積もりなので、光接続のPCに固定IPを振って配信サーバーに仕立てました。


20070619load.gifシミュレーション

ライブ配信なんてやったことがなかったので、事前にあれこれ実験しました。写真は、Windows Media Load Simulatorというツールで、配信サーバーにアクセス負荷を与えてる様子。解像度320x240のビデオストリームで実験してみると、目標の100同時アクセスはやや難しいような・・運営サイドから80〜90でもいいでしょうとお許しを受けました。


実は春から家にネットが来ていません(その話はまたいずれ)。なので、前日に会場入りして機器設置するまで、実際にインターネット上で配信できるかどうか試せてない状態でした。
同じサンシャイン内ながらネット的には別系統のスタッフルームで、PCのWebブラウザから無事映像や音声が流れてきたときはホッとすると同時にスタッフから拍手が。。本番では、想定数よりは少ない負荷で推移し、無事配信できた模様。

一応小規模ながらライブ配信でき、仕組みや手配方法などなんとなく理解できました。しかし、こんなノウハウ再び役に立つことがあるかどうか・・

posted by TA at 02:25 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月17日

やっぱりフルーツゼリー

20070516jelly.jpg

昨日は次女KAの2歳の誕生日。今年もやっぱりフルーツゼリー。
2日前、長女NAのバースデーケーキで生クリームの味を堪能したKAですが、見たところ発疹が特別増えたりはしてない様子。牛乳アレルギーも少しは改善してるのかな?とは思います。でもま〜大事をとって・・

20070516katanuki.jpg山体崩壊

型から外す時崩れてしまいました。
フルーツが底のほうに溜まってたためか、形を維持できなかった模様。入れるフルーツはほどほどにして、飾り付けで載せる戦略を取るべきだったか。
なんとか修復して、KAに合格をもらう。

富士山も、周期的火山活動がどうとか、温暖化で大沢崩れがどうとか・・どうなんでしょう?

20070516bag.jpg誕生日プレゼント

プーさんとチップ&デールがKAへのプレゼント。
長女NAがウエストバッグ(写真上)をもらったのを見て、やたら欲しがってました。プーさん好きなのですが、プーさん柄は売ってなく・・横の平プーはおまけ。
水筒やガラスの器はお友達のお母さんから。長女は幼稚園のお友達からもバッグやメモ帳をもらってました。
SAはお風呂ポポちゃんを用意。
チトもらい過ぎ。

2人ともバッグとかは寝床にもっていったけど、グローブは置き去り・・
posted by TA at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月15日

バースデーケーキ

20070515birthday.jpg

昨日は長女NAの誕生日でした。
リクエストは今年も「イチゴの白いケーキ」。
本人、デコレーションに参加するのが当たり前だと思ってるらしく、結果ちょっとゆがんでます。
昨年は乳製品アレルギーの次女KAへの配慮から、バナナケーキをイチゴのショートケーキに偽装させたりしてましたが、今年はごく普通に。
KAには数ヶ月に1度乳製品を与えて様子を見るなんてことをしてるので、今回はその一環。
ただ、普通サイズにカットして生クリームをちょっと除けただけ。やや大盤振る舞い。
そしたらKA、「おっちぃ(おいしい)」と連呼しながら、生クリームだけきれいになめてしまいました。むき出しのスポンジ、イチゴ、キィウィは置き去り。。
主役のNAはというと、フルーツとケーキに散りばめた銀色の甘い粒々だけ。飾りのなくなった白い塊がそこに。。
「ぜんぶ食べな」なんていってたら、仕舞いには「生クリーム嫌い!」って。
オイオイ。

20070515glove.jpg誕生日プレゼント

本人は、母SAにプリキュア5のピンキーキャッチ、こちらには内緒で携帯ぷよぷよを発注。どっちか1つでいいし、しかも両方電子玩具ーっ、ってことで、なぜか・・

おとうさんの夢の押し付け。
キャッチボールがしたいんです。

結局、ピンキーキャッチは売り切れだったそうで・・

明日は次女KAの誕生日。
posted by TA at 22:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月11日

使えない・・

20070410pot.jpg

昔作ったポットと粥鍋。
ポットは手びねり、粥鍋はロクロ挽き。
ポットはデカくて重過ぎ。粥鍋は中途半端な大きさだし薄過ぎ。どちらも使えない。
まっ、初心者にありがちなことではないかと・・
家にはこんなのがゴロゴロ。捨てたいのですが、相方SAが捨てない主義で。。

陶芸はSAもやってました。知り合う前から別々に。SAのほうがきちんと順を追って教わってるので上手いです。私はテキトー。

通ってた陶芸教室は貸し工房のような運営で、勝手に道具使って勝手なものを作ってました。仕事を早めに切り上げて、陶芸やって、すっきりして寝る。今じゃ出来ない夢のような生活。いつかは再開したい趣味。

ここのところ忙しくて、こんな発掘ネタばかりですいません。
posted by TA at 00:57 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月02日

浅草橋

20070401metal.jpg

浅草橋のアクセサリー材料店に行ってきました。
ブログLumiere&Luceのwhitecoatさんにご案内いただきました。
私にとっては未知の世界。
スワロフスキーのガラス、普通の(?)ビーズ、天然石や貝の加工品、金具、工具などなど、アクセサリー関連のパーツが集まるコアなお店があちこちに。どれも種類の多さに驚きました。切り売りチェーンばかりが並んだ壁には一寸呆然。
結局仕入れたものはペンダントの台座や金具がほとんどでした。

20070401chain.jpg長女NA作ペンダント

娘たちへハート型クリスタルとかを少し買って帰ったのですが、見るなり2人で分配交渉。その後、長女は自分のビーズも持ち出してペンダントに。ゴッチャリしてますが、本人は満足。

今度行くときは自分も連れて行けと・・
・・出費はかさんでも、おやじが突撃するには心強い援軍か。

仕入れた台座を眺めてるうちにイメージが出来てきたりするといいんですが、もっと経験値が上がらないと無理でしょうね。試行錯誤しながら経験を積んでいきたいと思います。

whitecoatさん、案内係に徹していただいてすみませんでした。
おかげさまで、妙なおやじがブラブラ出たり入ったりする異質な光景は最小限に抑えられたように思います。
お話も聞かせていただけて有意義な遠征でした。
ありがとうございました。
posted by TA at 01:29 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月31日

ガレージ作り

20070331garage.jpg

最近お世話になってる方から、「OO木材さんでガレージ作りしてるんですが、近いですよね?」と連絡があり、地元だったので行ってきました。

何かの撮影に使うんだそうで、基礎とかはなし。ツーバイ材、大きさはご覧の通り。

20070331fork.jpg
柱取り付け

お昼過ぎに自転車でおっとり駆けつけると、地面で小屋組み中。垂木を取り付けるところでした。小屋組みしてから、それを吊り上げて柱を入れるんだそう。クレーンを使うのかと思ったら、フォークリフト2台でセーので持ち上げることに。
片方のフォークを担当。写真は運転席から。

運動会のテントを組み立てるような手順で、これならクレーンを一時用立てれば人手がなくても楽勝かも。このくらいの作業場があれば雨の日もへっちゃら。もっと早く知ってればな〜

posted by TA at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月27日

工作のカンどころ

20070326kandokoro.jpg

私の座右の書、「工作のカンどころ」松野清著・日本放送出版協会。
先週、ヤフオクで見つけ、無事ゲット。
実は、10年ほど前火事で焼失してしまってました。

以前書いたかもしれませんが、実家の裏の隣人宅物置から出火、風向きでうちだけ燃えてしまいました。全焼でした。
実家に本や卒業アルバム、ガラクタ類を置きっ放しにしてたので、私にはそれまでの思い出の品というのがほとんど残っていません。焼けた当時は意外にスッキリした気分でしたが、やはり「ああ〜、あれもないんだよな〜」みたいなことは時々・・
話がそれたついでといっては怒られるかもしれませんが、実家再建の住宅ローンを背負ってヒィーヒィー言ってた(今でも言ってますが)私なんかのところに来てくれた相方SAにはほんと感謝しています。

さて、本題の座右の書ですが、、

昭和50年初版。著者は、NHKの整備部工作係長をされ、放送機器の開発改修に携わってこられた方。ページをめくると、シャーシなどの板金加工、木工、プラスチック加工、プリント基板作り、塗装、工具の紹介と盛りだくさんです。190ページほどの本ですが、実践に基づく工具の選び方使い方、工程毎のポイントなどが詰め込まれています。

私がこの本を手にしたのは、小学生の頃。万力を使ったシャーシ曲げやヤスリ仕上げ、スプリング巻きの解説を見て、ほどなく学習机に妙に大ぶりの万力を取り付けてました。アクリル板の接着にジクロルエタン、プリント基板のエッチングに塩化第二鉄が使えると書かれていたので、母親に薬局で買ってもらって試したり・・アルミの半田付けにも挑戦しました。
以降も、ことあるごとに読み返し、暇なときにも眺め・・
背表紙や抜けかけたページには補修のテープがペタペタ。書き込みはありませんでしたが、工作しながら見てたりしたので、汚れも多々あり、決して大事にしてる本という感じではありませんでした。しかし、私にとっての原点といえる、ものづくりに意識的に傾倒していく転機になった本でした。

焼失してから、古本屋に入ったときなど思い出すごとに探してはいたのですが、うまくめぐり合えませんでした。既に絶版で、実用書となるとなかなかでしたし、気持ち的にあまり執着するのも後ろ向きな様な気がしてました。
とはいえ、今回再び手にとることが出来、早速あっちパラパラこっちパラパラ。時間が経つのも忘れて読みふけり、記憶を辿ってはまた読み返し・・
そうするうち、なぜか涙がポロポロ。
年取るとあちこち緩んでていけません。
posted by TA at 03:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月18日

tsukuru.net

20070318tsukurunet.jpg

しばらく更新できずにいましたが、こんなの作ってました。
週末職人工房というNPO設立のお手伝い。
ものづくりへのそれぞれの想いを耳にするうち、そんな人たちのSNSってどうなんだろうかと。。

20070318mypage.jpg「SNSにログイン」すると・・

なんだか見たような画面。
ほぼOクシィ。
機能的にもほぼ同じ。
日記&コメント、メッセージ送受信、コミュニティ作成、レビュー、・・
ただ、こっちは日記と外部ブログ記事の両方をリストアップ出来るので、ブログ人間には便利かも。

OpenPNEというオープンソースソフトウェア(いや〜、よく出来てます)で構築。

2週間ほどテストを繰り返し、現状、標準機能は問題なし。
ただ、SNSというのはやはり参加者が作り上げていくもの。
気分的には、作ること好きな人いらっしゃ〜いっ!・・ですが、、
とりあえずはリアル知り合いの招待制とすることに。
posted by TA at 22:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月06日

結婚式

20070203bear.jpg

2月3日(土)は、アキちゃん朋奈ちゃんの結婚式でした。
今書店に並んでる夢の丸太小屋3月号を見ると2人のことが出てます。
写真のクマは2人が作ったもの。
チェンソーカービングがとりもつ縁。

20070203cake1.jpgウエディングケーキ1

上にのってる人形は濱さん作。濱さんは模型の原型を作るのが仕事。でも、ログハウス作りもやれば、チェンソーカービングも。やはりカービングやログハウスでつながる縁。

前半ガーデンパーティーでしたけど、日が高くなるにつれぽっかぽか。


20070203cake2.jpgウエディングケーキ2

ログハウスや丸太、誰が作ったのでしょう?
いい感じに出来てるケーキ。
これをチェンソーで切っちゃいました。

バーにはチェーンの代わりに刃物が取り付けてありました。しかし、エンジンは盛大に回してました。よく店側が許してくれたもんだ。


20070203shugo.jpg



お幸せに!


posted by TA at 23:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月16日

体験教室

20070114candle.jpg

日曜日、都内某所で自治体主催のものづくりイベント。
体験ブースの一角で、蜜蝋キャンドル作りとガラスの箸置き作りの体験教室を担当しました。

現場監督兼受付のKさんと急きょ助っ人にかり出されたSさん、私の3人で切り盛り。

20070114candle2.jpg蜜蝋キャンドル作り

溶けた蜜蝋に糸を浸しては引き上げて・・すると徐々に成長。単調な作業なのに、子ども達は夢中です。思いもかけない形になったりして、面白い。

飄々としつつ、何でもこなすSさん。準備しながらキャンドル作りを説明し、1本作ってもらったら、もうのみ込めた様子。実際、体験が始まると、子ども達の動きから、温度管理、材料補充など注意が行き届いていて、私がやるより遥かにスムーズでした。

20070114glassfusing.jpgガラスの箸置き作り

2センチx4センチのベースにフリット(ガラス粒)やストリンガー(ガラス細棒)を置いていき、絵を作ります。フリットは1〜3ミリサイズ、ストリンガーは径1ミリ前後のもの。ベースは板ガラスからパーツを3つ切り出しあらかじめ組み立て。これが結構手間。細かいし、切り口をヤスリで落としたりで・・

最初はピンセットでの作業に苦労していますが、2つ作る間に結構慣れてきてスムーズに。

20070114hotwork.jpg焼成

そういえば、自作電気炉デビューは1年前の同じイベントでした。この1年で箸置きばかり500個くらいは焼いたような。。
発色で少々思い通りにいかないことはありましたが、割れたり、引っ付いたりした失敗はゼロ。無茶な徐冷がいつも心配なのですが、リピーターに前回のも割れてないと聞いて、ちょっと安心。焼きに関しては少し自信がついたかも。
でも、自分自身の作品作りは滞って進歩なし。


20070114hasioki.jpg焼き上がり

四角く角ばっていたガラスが、丸みを帯びて艶やかに。見てよし手にとってよしの質感はガラスならでは。出来上がりをみてニンマリしてくれる子を見て、こちらもニンマリ。

今回、ベース色をホワイト、ターコイズブルー、透明系ブルーの3色用意しましたが、圧倒的にホワイトが人気。発色がいいし、ホワイト自体微妙に透き通っていていい感じ。


来月、大人向けにガラスフュージングの体験講座を開くことになってしまいました。週末職人工房といって、趣味人が講師になって趣味の世界へいざなうというもの。木工ならともかく、ガラスは教えられるほどやってないので、どうしたものか。サークル発足の太鼓もちみたいなノリで許してもらえればいいけど・・
posted by TA at 02:37 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月13日

蜜蝋キャンドル

20070112heating.jpg

食卓にグリル鍋。
でもカップに入ってるのは蜜蝋です。

20070112kernel.jpg溶けたら・・

割ばしに糸をくくりつけ、先にはオモリ代わりのホック。

カップの中にドブンと漬け、
すぐ引き上げ、
ちょっと冷ます。

そして、またドブン。


子供も大人も直径2〜3センチに成長させるのに20分ほどかかりました。
糸はろうそく用として売られてるもの。

チョコレートを作るアルミ箔の型にも流し入れてみた。

20070112light.jpg
posted by TA at 00:05 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

2007年01月05日

つくり初めはこれ

20070105shogaku.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

作り初めはこれ・・
「小学一年生」の付録です。
娘はまだ年中さんですが、すごろく欲しさに買いました。
とりあえずすごろくを「かんべんして〜〜」ってくらい繰り返しやり、、
その後、切り抜いて作るこれを「つくろ〜♪」ってことで。。

いやしかし、いまどきの付録はなんというか・・
子供と2人で完成させるのに2時間かかってしまいました。
部品を切り出すだけでも結構大変。

20070105musiking.jpg動きはなかなかのもの

両側面にあるレバーをパチンパチンはじくと、ヘラクレスオオカブトとグラファノコギリクワガタが戦うしくみ。微妙ですが下から上にすくい上げるような動き、ひっくり返される様子など良く出来てる。

これまた「かんべんして〜〜」ってくらい戦わされましたが、壊れることもなく、ボール紙とストローで出来てるにしては耐久性も上々。


でもこれ、小学1年生が完成させるにはかなりハードル高いような・・
昔より難易度上がってるんでしょうかね?
思い起こすに、自分の時代も未完成で投げ出した付録は多々あったような気もするけど・・
「って、そこは付録のせいじゃないだろっ」
「ごもっとも〜〜」
posted by TA at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月31日

年越しそば

20061231sobatubusi.jpg

年越しそばを作りました。
大晦日の我が家の恒例行事。
家族でワイワイやるにはちょうどいいんで。。

20061231sobadogu.jpg
道具

のし棒は専用ですが、あとは家にあるもの。台はテーブルをエタノールを含ませたフキンで拭いてそのまま・・
年に1回だけですからね。あるもので。。

材料は、そば粉400g、強力粉100g。そば粉は地元産。挽いてから2日後らしい。小麦粉は、去年は中力粉だったか・・

20061231sobamizumawasi.jpg
水回し

水は200cc。
ほんのちょっと(数cc)残して、粉と混ぜます。
底に手を回して、すくい上げるように、さっくり混ぜていきます。
手早く全体に行き渡らせるのが重要らしいです。


20061231sobamawasi.jpg
水回しが終わったところ

小さな塊がコロコロしてるような状態です。

我が家の場合、水回しがいいバランスで出来たときはいい感じの仕上がりに。
水回しで失敗した時にはうまくいったためしがありません。
取り繕う腕はないので。

20061231sobatama.jpg
まとめて玉に

水回しが終わったところで、ほんのちょっと残した水を足し、玉にしていきます。
うどんのように練りに練る必要はないらしいです。
ある程度弾力が出て、滑らかさが出てくればOK?


20061231sobanobasi.jpgのします

たっぷり打ち粉をした台の上に玉にした生地をのせ、手で円形に伸ばしていきます。
かなり薄くなるまでがんばります。

のし棒に巻きつけて、台の上で数回回転させると結構のびています。押さえつけず転がす感じが大事なようです。
巻きつける方向を90度ずつ変えていくだけで、四角い生地になりました。

20061231sobakiri2.jpg
たたんで切ります

打ち粉をたっぷりして、そっと折りたたみます。ちなみに打ち粉はそば粉の残りです。さらしな粉等専用の打ち粉のほうが具合がいいようですけど、同じ粉でもイケました。普通の万能包丁しかないので、小さくたたみます。
上から押さえる板(こま板?)もないので、そっと手を添えて切ります。
そば切り包丁とこま板は欲しいかも。


今回は無事食べられるそばが出来ました。
水加減がちょうど良かったようです。
強力粉も良かったかも。
多少太いけど、長めのそばになりました。この香りはやはりその場で打ってこそでしょうね。

もうすぐ年越しですね。
今年は例年以上に新しい交流が生まれ、充実した一年でした。
丸太小屋作りに限らず、いろんな局面でいただいた励ましの言葉やお力添えには本当に感謝しています。
ありがとうございました。
来年もつくり散らかしていくに違いありませんが、変わらずお付き合い願えれば幸甚です。
どうぞ良い年をお迎えください。

20061231soba.jpg
posted by TA at 23:45 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

2006年12月17日

週末職人工房

20061216weekend.jpg

昨日は暖かかったですね。
新木場のJSTYLEで行われた週末職人工房イベントのお手伝いでした。
レッドシダーのいい香りに包まれながら楽しい一日を過ごしました。

20061216dril.jpg20061216table.jpg

楽しそうなガーデンテーブル作り。
芋煮部隊なのに、芋煮はそっちのけ(すみません)・・
ついつい木工サポートに手を出してしまいました。
やっぱり木っていいですね。

posted by TA at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月16日

蜜造?

20061215wax.jpg

蜜蝋ワックス・・それっぽい缶に詰め、ラベルを貼ってみました。
明日それっぽい集まりがあり、知り合いに配ろうかと・・
お歳暮?
でもブログ名やURLを入れたのでノベルティか?
いややっぱモニターか。

作ってたら、SAに「なにしてんのぉぉぉ」と呆れられました。
ラベル貼ってる姿がうれしそうだったらしい・・
自分の作ったやつをこういう形に仕上げるのって案外楽しいものですね。
その年に作ったものの中から配れそうな適当なやつを毎年・・
・・なんて、どうせやれないと思うけど。。

集まりは下記で、私は芋煮部隊配属。

週末職人工房(ウッドデッキの製作実演、ガーデニング入門講座、ガーデンテーブル作り)
12月16日(土曜日) 10:00〜16:00開催
場所:東京都江東区新木場1-6-3 (株)ジェイスタイルにて
http://www.diyna.com/wcf/koubou01.html
posted by TA at 00:02 | Comment(6) | TrackBack(1) | 日記

2006年11月22日

Anchu's丸太工房

20061118anchulog.jpg

先週末は、Anchu's丸太工房のログハウス落成パーティー。
完成したログハウスの前でみんなで乾杯。
Anchu一家の気さくな人柄(家柄?)もあって、フレンドリーで楽しいパーティーでした。

ログハウス、やっぱりいい。
木に包み込まれた安心感、安定感、、気持ちいい。
内部の写真・・ありません。すみません。

なにはともあれ、これからこのログハウスを基点に新展開。期待してます。

うちもがんばろー!
posted by TA at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月05日

電気用品製造事業届出書

20061004pse.jpg

1ヶ月ほど前、PSEの事業届出をしました。
受理されて、スタンプが押された届出書(控)が、昨日届きました。

これで電気製品や電気製品と一体となった家具などを作ったときに、それを販売することが出来るようになります。検査して記録簿を作るなどしかるべき手続きが必要ですけど。

で、真空管アンプの製造販売なんて無茶をするつもりかというと、そうではありません。
Lumiere&Luceのwhitecoatさんから、PSE施行でガラス工芸家が対応に苦慮していると聞いたのがきっかけです。ステンドグラスの電気スタンドなどを作って売る場合にひっかかってしまうようです。
ということで、今回はガラス工芸作家(!)で届出しました。

BSE(全然違うけど)ほど目立つ問題になりませんでしたが、PSEもいろいろ問題ありと考える人は多いようです。個人的には中古家電をリサイクルショップで引き取ってくれなくなったのが痛い。まあ、電気を使う作品をチョコチョコっと作っては販売してるような個人も対象だなんて聞くと気になりますよね。たまに個人売買するくらいならOKだそうですけど、仕切りが曖昧で・・

ここでは個人がいかに手間や費用をかけずに作品にPSEマークを貼って売ることが出来るかってことで体験談なんぞ報告できたらいいかなと思っています。

さて、届出手続きですが、届出書はサイクルショップ対応と思われる簡素化表記で作成しました。電気用品区分や型式区分はしてません。これであっさり通りましたので、ご入用な方はどうぞ。

  電気用品製造事業届出書テンプレート(Word形式)
  電気用品製造事業届出書テンプレート(PDF形式)
  記入例(PDF形式)

これを自分の住んでる地域の経済産業局担当窓口に提出します。
私は郵送で提出しましたが、届出書2部と切手を貼った返信用封筒が必要でした。
posted by TA at 08:03 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月03日

リアスポイラー補修

20060927rearspo.jpg

車のリアスポイラーを補修しました。
割れたのは2週間ほど前。割ったのは?
ショッピングセンターの駐車場で車庫入れバックしてたら、思いがけず障害物があったとか・・

面倒なので粘着テープで留めてOKとしていましたが、いよいよ車検が迫ってきたのでとりあえず取り繕わねばと・・

20060927putty.jpg材料

写真は、補修パテとサフェーサー。補修パテは、2液性のエポキシ樹脂にガラス繊維が混ざってるもので、裏打ち用のガラスクロス付き。
サフェーサーは、白色でボディ&バンパー用と書いてあったものを選択。樹脂バンパーにはバンパープライマーを併用しなくてはいけないようですが、スポイラーの素材はかなりカリカリの樹脂なので、プライマーは省略。
他に、瞬間接着剤、速硬性エポキシ接着剤、ボディカラーのペイントスプレーを用意。

20060927glass.jpg下処理

変形した部分は思い切って割り取り、断面やケバはカッターやサンドペーパーで均しておきました。亀裂には瞬間接着剤を垂らして接着。裏打ちするガラスクロスを接着するため、サンドペーパーで内側の接着面を荒らしておきます。荒らした部分にエポキシ接着剤を塗り、ガラスクロスを貼ります。内側に貼り込むのはちょっと面倒ですが、つまようじで適当に押さえてたら、なんとなく収まりました。



20060927putty.jpg
パテ盛り

ガラスクロスがしっかり固定されたらパテ盛りです。周囲の面よりややこんもり盛るのが基本だと思いますが、盛り過ぎると後の削りが大変なのでギリギリに。
エポキシ樹脂のパテってことでねっとり系かと思ってたら、案外シャバシャバしていて使いやすかったです。
硬化時間は1時間ほど。



20060927kezuri.jpg
研磨

硬化したて(?)がサクサクしてて削りやすいです。一般的にエポキシ系のパテは日を置くと結構カチンカチンになって苦労します。
まず、よく研いだノミで大まかに削って面出ししました。その後、耐水ペーパーで研ぎ。番手400のやつだけだったので、ちょっと効率悪かったですが、地道に研ぎました。


20060927sufgo.jpg下塗り

いきなり装着されてますが、まだ下塗り段階。途中で時間切れです(翌朝車検)。

サフェーサーを吹いて乾かし、ペーパー研ぎ、、を3回だったか。サフェーサーなので艶こそないものの、いかにもホワイトって感じのボディー色なので色味は案外違和感ありませんでした。
このままでもいっかな〜なんて思い始めてたり・・


車検の報告はまた後日。
posted by TA at 01:23 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2006年08月08日

小黒川渓谷キャンプ

20060805kanbatsu.jpg

週末、キャンプに行ってきました。
長野県の森のライフスタイル研究所というNPO主催、子ども達に2泊3日の野外活動をしてもらう「森のちからキャンプ」(子どもゆめ基金助成事業)。
そのサポート部隊の一員でした。

公募で参加した約40名はほとんどが小学生。
上の写真のような林業体験(間伐作業)あり、川遊びあり、キャンプファイヤーあり・・というような内容。

場所は、長野県伊那市にある小黒川渓谷キャンプ場。
例によって全景写真を撮り忘れました。詳しくはキャンプ場ホームページで。
豊かに水が流れる絵に描いたような渓谷のキャンプ場で、ロケーションは抜群。
長野は空気感からして違いますね。きれいな湧き水があって、冷たくて美味くてサイコーでした。
施設はきれいですが、炊事場やトイレの数はもう少し多くてもいいかも。

20060804kawaasobi.jpg

キャンプ場内を流れる小川

子ども達の格好の遊び場ですね。
水はかなり冷たくて、私は3分も入っていられませんが、子ども達は平気。

夕方には何重にも小石のダムが出来上がってました。
とにかく子どもは水遊びが好きですね。

ちなみに、うちは一家で参加。
SAが炊事スタッフとして働くのを横目に、私はのんびり子どもと遊んでばかり。

こんなんでいいのか?


20060805hotsalad.jpgダッジオーブン料理

2日め夕食は、塚原先生のダッジオーブン料理実習。
写真は、ホットサラダ。野菜に塩と香辛料を振りかけ、ダッジオーブンで加熱しただけ。野菜の甘みと旨みが凝縮されてうまい。
このほかに、大量のタマネギをベッドにして大量の手羽先を入れ、トマトソース等を振りかけて、蒸し焼きにした料理もありました。


20060804carving.jpg
巨大カブトムシを木に括りつける栗田師匠

昆虫採集と間伐作業の合間。
チェンソーでカブトムシを30分ほどで彫り上げ、
よさ気な枝ぶりのところまでスタタッと登り、
ロープで括りつけ、、

これには森林組合の人も「おおーっ」。


昆虫採集自体は、昼間なのでそこそこ。
カブトムシやノコギリクワガタ、コクワガタが数匹ずつ。
朝、森に入ったスタッフは、ミヤマクワガタゲット。子どもの頃の憧れでした。いいな〜。


20060805campfire.jpg

夜はキャンプファイヤー。

天気にも恵まれ、夏休み満喫のキャンプでした。
posted by TA at 18:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月21日

第二種電気工事士免状

20060720menjou.jpg

免状が来ました。
紙に写真が糊付けされて、刻印が打ってある簡単なもの。
でも、感慨ひとしお。昨年落ちてますからね。

ようやく電気工事が始められます。
Tさんのアドバイスもあり、まずは電力会社営業所で「初めてなんですが・・」と相談してくるつもりです。

posted by TA at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年07月12日

第二種電気工事士試験結果

20060710gokaku.jpg

第二種電気工事士試験の合格通知が来ました。
一年越しってことで、やれやれです。

早速、用意していた免状交付申請書、写真、県収入証紙5200円とともに県の受付窓口へ送付しました。試験は全国統一、免状は都道府県別という制度になってます。免状交付には2週間ほどかかるようです。

なにはともあれこれで大っぴらに電気設備工事が出来ます。
とりあえず引き込み小柱を立てたいのですが、どこで調達すればいいのやら、、
posted by TA at 00:30 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

2006年07月04日

SAVE KIDS 2006キャンペーン

20060625skids2.jpg

6月23(金)〜25(日)に、池袋サンシャイン60でSAVE KIDS 2006 キャンペーンというイベントがあり、手伝いにいってました。
昨年同様、アウトドアズフェスティバルと同時開催でした。

今回、通路にヒノキなどのカンナ屑状のものを撒いたので、会場中に木のいい香りが立ち込めてました。設備等いろいろ制約がある中で森を感じてもらうのは難しいですが、去年より今年のほうが質的には向上していたように思います。次回はより進化させられるといいですね。

20060625skids1.jpg
丸太遊具の1つ

丸太を並べて、所々に小割りを留め付けただけの遊具。
横に伝い歩きすることしか想定してませんでしたが、大半の子が上側を登っていってしまいました。子どもの琴線に触れたようで、人気がありました。

丸1日、この遊具の監視係でヒヤヒヤしてましたが、子どものほうがわきまえていて落下するような危険な局面は発生しませんでした。

この遊具含め会期中、けが人はでませんでした。


20060625skids3.jpg
栗田師匠のチェンソーカービング

エンジンチェンソーが使えず、電動の小さなやつで刻んでました。やはりやりにくそうでしたが、20〜30分程でクマや小鳥を彫り上げてたのはさすがでした。

うしろの丸太小屋もその他の遊具も、栗田さんのログサイトで作って運んできたものです。このサイズだと4人がかりで2〜3日。今年はログサイトには手伝いに行けず仕舞い。


20060625skids4.jpg
ウッドクラフト教室で作った見本

テーブルに枝の輪切りや小枝を山盛りにしておいて、瞬間接着剤を手渡し、さあ何か作ってみましょうとやるのが、ここでいうウッドクラフト教室です。

結構人気があります。
子ども達だけじゃなくて、お父さんが夢中になってることもしばしば。気がつけば、お母さんが表札みたいなのをつくってたりもします。

今回、ホットボンドも用意してありました。やけどが心配ですが、こういう隙間が空きがちな材料の接着には向いてますね。


posted by TA at 20:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月03日

受けてきました第二種電気工事士試験

20060603sensoji.jpg

今年の試験会場は、産業貿易センター。
TX浅草駅から浅草寺の中を通ってすぐのところ。
なにはともあれお参りしました。神頼み。

その甲斐あって、時間内に完成させることはできました。
誤配線はなさそうですが、仕上がりがいいのか悪いのか??

結果は1ヵ月後です。

続きはこちら
posted by TA at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月31日

第2種電気工事士試験

20060531tanisagyo.jpg

今週土曜日、第2種電気工事士試験です。
家をセルフビルドするときに必要な資格ってコレぐらいです。

去年は単位作業試験で電線の色を1本間違え、不合格という情けない結果。

今年は学科免除なので、実技だけ。
しかも今回から候補回路が事前に公表されることに。
こりゃ楽だと思ってたら、そんなに甘くはないですね。
回路がビミョーに難しくなってる。
候補12コは多い。
どれも時間内に出来るようになったら、いいウデになってることでしょう。

まっ、練習練習。

でも全部やっとくのは無理かも?
posted by TA at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月30日

七輪陶芸

20040613tougei1.jpg

2年ほど前に、七輪陶芸と野焼きをやったときの写真です。
焼き上がったモノが行方不明でしたが、今回押入れのキャンプ道具を整理していたら出てきました。
まだNPO河口湖自然楽校が出来て間もない頃。なにかのイベントをやってる最中に片隅で勝手に実験してました。株式会社化された今では出来ないかも。懐かしの風景に・・

ということで七輪陶芸、、

七輪陶芸に関しては、ネットでも山ほど情報が取れますが、私はおおもとの陶芸家吉田明氏が書かれた『決定版 七輪陶芸入門』を頼りに実験しました。

使った道具は、
  造形用に、手ロクロ、木ベラ、切り糸
  焼成用に、炭火用七輪、ブロワ、トング
材料は、
  赤鍋土、信楽土(並)、楽焼粘土(白)、木炭(BBQ用)

参考本では送風にドライヤーを使っていますが、ブロワで代用。
また、本の中では生の作品をアルミホイルで包んで素焼きしてましたが、忘れたので省略。

粘土は、本でも推奨されている鍋土が実際結果も良好でした。信楽土や楽焼粘土で作ったものは大半が割れてしまいました。鍋土は、信楽土ほど粘りがなくて造形は少々やりにくいのですが、乾燥が格段に早い上、生乾きでもゆっくり焼けば割れることはありませんでした。

20040613tougei2.jpg七輪の中の様子

ブロワでガンガン煽る攻め炊きがほぼ終わったところです。所要時間約30分。
七輪には高さ10センチ程度の小徳利が収まってます。
開始時、七輪の底に熾きを一層、その上に新たな木炭を一層、そして小徳利を置き、周辺に木炭を詰め、上にも山盛りにしてました。それでも足らず攻め炊き時に足したような。。


20040613tougei3.jpg
焼き上がった器

小徳利は予想以上にうまく焼けましたが、右のそば猪口サイズのは焼き過ぎで変形してしまいました。七輪の中で変な向きになってたことも原因?

それにしても、鍋土の器が変形するくらいの温度が七輪で出せることには感心しました。


20040613tougei4.jpg
焼き肌

無釉で焼き締めたかたちですが、木炭の灰による自然釉がなかなかいい感じでかかって出てきました。
灰かぶりの偶然のおもしろさ。白から黒、緑っぽい色もありつつ、、褐色基調の地ながら結構強い赤があったり。焼き肌に関しては上々の出来でした。


小さなものしか焼けませんが、安価で手軽。焼きものになる過程が目の前で見られるのもおもしろいです。
焼成時の火と火の粉がすごいので、やる場所の確保が大変ですけど。
posted by TA at 00:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月18日

フルーツゼリー

20060516jelly.jpg

下の子KAの誕生日だった16日は、フルーツゼリーでした。
前々日、前日とケーキ続きだったので、食べるほうもサッパリ系は歓迎。
誕生日が2日違いというのもやっぱり微妙ですね。
現時点では、誕生祝いをまとめて済ますのはナシということになってます。
しかし、合同なら少々豪華版にできたりしていいかもなんて・・

20060516applejuice.jpgゼリーに使ったりんごジュース

アルプスという会社の「オーガニックあっぷるじゅうす」710ml。
千円と聞いて「エェッ!」。
ラベルを見ると、無農薬有機栽培、原料は米国ワシントン州産、製造が長野県塩尻市。
なんで長野なのにわざわざ米国産リンゴ?

ホームページを見ると、ワインやぶどう果汁の製造で歴史のある会社らしい。りんごジュースの話はほとんどありませんでしたが、ぶどうの話からものづくりには誠実そうな印象。

ビンのラベルには、有機JAS以外に、「ワシントン州政府有機食品認定工場」のマークまで。

私はゼリーになった状態でしか味見してませんが、すっきりした酸味で甘過ぎずいい感じでした。


ところで、昔無理矢理の有機野菜が沢山出回ってた時期がありましたが、今はどうなんでしょう? 私の生活範囲では見かける機会が随分少なくなりました。有機JAS認証も、生産者への負荷が高いわりに、流通小売段階での悪意には非力なような気が・・

よくよく考えてみれば、海外の原料や認証を使う事情もなんとなく想像できるような・・国内生産品のコンディションも量も安定しないから海外で身元の確かなモノを、品質管理の厚さとトレーサビリティの証明に複数の認証を、、ということなんでしょうかね。
posted by TA at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月16日

乳製品抜きスポンジのケーキ

20060514cake.jpg

14日は上の娘NAの5回目の誕生日でした。
写真は母子合作のバースデーケーキ。

実は下の子KAがアトピーです。検査したところ牛乳にアレルギーがあるとのことで、発覚以降乳製品抜きの生活。まだ母乳を与えている関係で母親SAも道連れです。

しかし今回、主賓NAのリクエストは生クリームたっぷりのイチゴのケーキ。
そこでSAは、両者が満足しうる道を模索し、ベースのスポンジをバナナケーキにして、外側だけ生クリームでデコレーションするという苦肉の策に出ました。乳製品抜きチームは内側だけいただき、乳製品バリバリチームは丸ごとガブリでどうだと。。別々に作るのは手間だし、誕生日の趣旨にそぐわないと考えていたのかもしれません。

バナナケーキにも普通は牛乳やバターが入るのでしょうが、そこはショートニングかなにかで代用した模様。生クリームはNA自身がデコレーションに参加したせいもあってたっぷり。味はきっとまるごとバナナだろうと予想していたのですが、乳製品抜きなせいかしつこくもなく、パサパサというわけでもなく、バナナのおかげで物足りなくもなく、と案外いけました。

20060514kazari.jpg持ち回りでグレードアップしていく飾りつけ

お母さんたちってすごいですね。
飾りつけを各家順番に回していくんです。ただ回すんじゃなくて、少しずつ追加したり、改良したりするわけです。
ひと家族で作るとなると大変なので大助かり。写真以外にもぐるりと飾りつけられてます。それぞれにアイデアや作り込みがあっていい感じです。


今日(16日)は下の子KAの1回目の誕生日。
なにが出るんでしょう?

posted by TA at 01:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。