2005年11月30日

45シングルアンプ・プランつづき

ef86_45single.gif
昨日なんとかでっち上げた回路ですが、電源部分から書いてみました。

NFBはとりあえず初段カソードに入ってますが、未決定。
整流管は45と同じサイズの80にしました。80は内部抵抗が大きいようで、350Vからでないと330V取れなさそうです。


内部抵抗といえば、EF86も心配なので、45のグリッド部の抵抗値を大きくしました。45の規格では、自己バイアスで1MオームまでOKのようです。

机上でこれ以上検討する能力はないので、あとは実験しながら修正していくことにします。修正能力もかなり怪しいですけどね。。
なにはともあれ真空管だけは壊さないようにしなくては。

ネットで検索かけてたら、那須好男さんの著書にEF86・45のアンプがあるそうです。既に絶版で注文できず。ヤフオクその他で古本を探しましたが見つかりません。うーむ、見たい。見て直したい。


posted by TA at 00:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自作オーディオ
この記事へのコメント
こんばんわ&はじめまして
真空管アンプ関係で漂っているとここにHITしました。
45ドライブトランス結合の45もしくは300Bシングルを計画していまして・・・・
現在はアルティックの620Aと403Aをトランス結合の45シングルで鳴らしています。10畳の部屋で十分な音量が得られています。
がんばってください。

あ、そうそう80を出た直後のコンデンサは22μF以下が推奨されているようですが、抵抗をいれると大丈夫なんですかね。私はチョーク前後を22μ、47μFとしています。
Posted by かまやん at 2005年12月03日 20:35
かまやんさん、はじめまして。
お越しいただきましてありがとうございます。

45シングルで620Aや403Aなんていいですね。理想の空間です。
また、十分な音量が得られているという情報は心強いですね。

80の直後のコンデンサは手持ちから適当に選んだだけで、抵抗は不安解消のために入れました。私がネットで拾ってきた80のデータシートにはフィルターのコンデンサ容量に関する情報は載ってませんでした。
改めてサーチしてみると、同じ80ファミリーの5Y3GTのデータシートには20μFと書いてあるものがありました。
ご助言のとおりに22μFに直したいと思います。
いやーありがたいです。
今後とも是非よろしくお願いします。


Posted by TA at 2005年12月03日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。