2005年11月24日

野焼き

noyaki20051123.jpg

23日は地元にある陶芸工房の野焼き(土器作り)に参加してきました。
野焼きというと最近は産廃の不法処分をすぐにイメージしてしまいますが、こういう焚き火形式で焼き物を作るのも野焼きというそうです。

上の写真は作品を暖めている工程の様子です。
徐々に火に近づけて、割れないように緩やかに温度上昇させていきます。
この後、キンキンに熱くなったところで、焚き火の中に薪でベッドを作って、その上に作品を乗せ、さらに薪で囲み、攻め炊きします。

私は、ログハウス建築の節約のために陶芸工房通いを中断してしまったので、今回は作品を入れず、チェンソー持参の薪作り要員としての出動です。雑木林から切り出したような不ぞろいの伐木や製材所から出たバタが軽トラ3、4杯分。玉切りするのに、ハスク254で切りまくって3時間。おかげで腰が・・

noyaki200411.jpg
攻め炊きがひと段落したところ

今年は写真を撮ってなかったので、昨年の写真です。

土は土管を作るときに使うものだそうです。焼成時に割れにくいとのこと。
それでも、ある程度割れるのは覚悟しておく必要があります。野焼きは温度管理とか難しいようです。

まる一日(8時間前後)、薪をくべたり、作品を回したり、休む暇はあまりないのですが、案外時間を追うごとに様子が変わっていったりして結構楽しいイベントです。



noyakidoki.jpg
過去に作った土器

右のは焼成中に割れてしまい、集めたカケラから復元しました。
こういういかにも土器っぽいものの他、傘立てなど窯でやるには少し憚られる大きなサイズのものや人形、キャラクターものを作る人も多いです。



posted by TA at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
陶芸大好きです!最近は出来るだけ陶芸店などは出来るだけ素通りしてます。九州にいるのに有田で1日ゆっくりとかはしてません。理由は「家にもう入らない」です。左は備前ポイ色合いが出てますね!本当に楽しそうなこといつもしてますね。
ブログに書いたJOICE ON THE TABLE でも陶芸やってるんですよ。今度行ったらやばいかも!

話は変わりますが、シャンソンに興味ありませんか?
2日に有楽町であります。招待券出てるのでもし興味あるようでしたらメール下さい。何人でもOK!私は当日オペしてます。
Posted by hiroyuki-hondo at 2005年11月25日 20:35
福岡は唐津や伊万里も近くていいですね。九州は大小窯元が沢山ありますよね。
うちの食器棚は自分たちで作った焼き物でいっぱいです。人目には晒せないけど捨てられない・・

陶芸はお勧めですよ。イライラしてるときでも、3時間もやるとトゲトゲしさが取れて気分スッキリです。環境のいいところでやればなおさらかと。

シャンソン、生で聞いたことがないので興味あります。ですが、30日から出かけねばならず、2日はちょっと無理、残念です。オペがんばってください。

それから、例のものですが、今月下旬汲み出し予定だったのがずれ込んでるようなので、もう少々お時間を。

Posted by TA at 2005年11月25日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。