2005年09月20日

三連休は床作業に

noji20050917.jpg

晴天続きの三連休。
のんびりモードでデッキ、床仕上げ、床下地の大工仕事を3か所でしてきました。

土曜日は、お昼から知人宅のデッキ作りサポート。
到着したとき、束石の半分強が設置されていました。「まだ手伝ってもらうところまで出来てない」とのことでしたが、せっかくやる気で来たので作業参加。地面に埋め込むのですが、砕石がかなり混じった硬い地面で掘るのが大変。
ひとりじゃ大変だったでしょうに。。

デッキ材はプレカットしてあり、塗装や金具取付けも施されたキット状態で届いていました。
購入者の希望を元に図面を起こし、キット化してくれるのだそうで、さすがに束の材は現場合わせでカットする必要がありますが、他の材料はネジ止めしていくだけぴったり収まります。
キット化されたものそのものの組立て手順が図解されていて、迷うこともほとんどなく、どんどん形が出来ていきます。
大人2人半日で写真の状態に。
こういうキット作りも楽しいですね。


toilet20050918.jpg
日曜日午前中、山中湖でトイレ小屋の床貼り。
床板は、近所のホームセンターでB級品を購入しました。合板表面にブナ材が貼られた1800x300サイズの材、450円×4枚。現場あわせで手ノコでカットし、接着剤を塗り、はめ込んでフロア釘で止めます。
その間、相方SAは外側の塗装を担当。塗ってみるとなんか明るい赤茶色。木々の緑の中で妙に浮いてるような。壁の代用防水紙のグリーンが、杉板を貼って同じ赤茶になったときにどんな感じになってるか??



anchu20050918.jpg午後から富士宮のanchuさんのログサイトへ移動。富士山の反対側になります。普段なら1時間ちょっとの距離だと思うのですが、この日はひたすら渋滞で4時間近くかかりました。

奥にあるのが製作中の大きなログハウス、手前にちょっとだけ写っているのが既に完成してるミニログハウス。どちらも地元の杉で、大きいほうが6メーター材、小さいほうが4メーター材。
棟上以来ご無沙汰していたので、立派な丸太小屋になりつつある建物を前にしばし見入っていました。

こういうのを自分もやろうとしてるのかと思うと、なんだか気が遠くなりそうで。。



anchu20050919.jpg
月曜日。
3組の子連れ家族と、子どもとよく遊んでくれる元気なバイク乗りYさん、ツーバイフォーで自宅を建てたTさんが参加。朝からとてもにぎやか。

床には、断熱用にスタイロフォームを入れ、上に床下地の構造用合板を貼っていきます。スタイロフォームも合板も現場あわせでカットするのですが、5人もいると調子よく進んでいきます。
外壁塗装は、妻壁や高所が結構残っていたのですがYさんがひとりで塗り上げてしまいました。
のんびり作業しましょうというanchuさんのもとで特に目標も設定していませんでしたが、夕方には床下地と外壁塗装を終えていました。

うちのサイトもanchuさんのところのように楽しく出来るといいんですが。。




posted by TA at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ログハウスビルド
この記事へのコメント
こんばんは、先日anchuさんのログサイトでご一緒させて頂きました、「元気なバイク乗りY」こと、よっき〜です。
ご覧の通り、「子守」以外は、頭数に入らないと思っていましたが、「5人いると〜」と、自分も数えられていて、こっ恥ずかしい感が・・・。
自作パーツも、目からウロコでした。
こちらの作業場は日帰りでも行ける所ですので、お邪魔でなければお誘い頂けたらと思いまして・・。

Posted by よっき〜 at 2005年09月27日 23:54
よっき〜さん、こんにちは。
anchuさんのところではお世話(特にこどもが)になりました。

うちでは、、
「あれだけの面積をあんなにどんどん塗れちゃうのはスゴイ!」
「高いトコだったのにね!!」
ということで、密かによからぬ期待が高まっています。

床作業もうまく連携してやってたじゃないですか。
普通はそこそこ経験してないと自分がどこに入ったらいいか分からないものじゃないかと。。
状況判断とか上手い人って貴重だと思います。

スタートは来春になりそうですが、是非山中湖へも援軍よろしくです。
Posted by TA at 2005年09月28日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。