2007年08月13日

電気炉2号・その2.断熱材

20070813cwboard.jpg

電気炉製作を再開しました。
今日は、断熱材のカットまで。

cad.gif
断熱部材の形状

今回は、平べったいガラス専用にするつもりで、平らなベースに箱を伏せる形式にしてみます。炉内寸法をたて250ミリ、よこ150ミリ、高さ75ミリとし、電熱線は天井にむき出しで取り付けます。
炉の壁は、断熱材に50ミリ厚のセラミックウールボード。
(図にはありませんが、)それを5ミリ厚のケイカル板と0.5ミリのステンレス板で覆うつもりです。

1KWでこのサイズ、ちょっと欲張りすぎかも?
性能が出なければ徐冷箱に転用・・ですね。

pidsim.png温度調節のシミュレーション

PID制御の計算式をどうするかの検討も兼ねて、Excelで温度コントローラーをシミュレーションしてみました。
初期温度25℃から設定温度800℃まで上昇させます。制御サイクルを10秒とし、電気炉1号のように15分くらいで設定温度へ安定して到達するように各設定値をいじります。熱源や熱伝導率を考慮してないのであまり意味はありませんが、とりあえずD(微分)項は省略してよさそうです。

15分で800℃に到達するには、毎秒1℃ちょっと上昇させないといけません(^_^;)



この記事へのコメント
猛暑のなか、電気炉の製作お疲れ様です!
これって、ヒータの出力はどの位なんですか?
Posted by 栃木の at 2007年08月14日 12:42
栃木のさん、こんにちは。

いやほんと暑いです。防塵マスクすると熱が身体にこもる感じで。。
ヒーターは、今のところ1KWのカンタル線を使うつもりですが、もしかすると750Wニクロム線x2になるかもしれません。
Posted by TA at 2007年08月15日 08:28
こんばんは、電気炉2号の完成も待ち遠しいですね。
私も待ってます。

これから小屋組までいくのですね。
棟上式みたいなこと、やるんですか?
Posted by whitecoat at 2007年08月17日 23:14
whitecoatさん、どうも。

電熱線配線、ステンレス外装までとりあえず終え、空焼きもしてみました。
800℃まで約10分で、昇温速度は1号機より早いようです。早いと今度は温度ムラが心配。

ログは、今のところ順調ですが、小屋組みが完了するかどうかは微妙です。今は仮組みなので、棟を上げたとしても仮上棟式でしょうね。
Posted by TA at 2007年08月19日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。