2007年04月11日

使えない・・

20070410pot.jpg

昔作ったポットと粥鍋。
ポットは手びねり、粥鍋はロクロ挽き。
ポットはデカくて重過ぎ。粥鍋は中途半端な大きさだし薄過ぎ。どちらも使えない。
まっ、初心者にありがちなことではないかと・・
家にはこんなのがゴロゴロ。捨てたいのですが、相方SAが捨てない主義で。。

陶芸はSAもやってました。知り合う前から別々に。SAのほうがきちんと順を追って教わってるので上手いです。私はテキトー。

通ってた陶芸教室は貸し工房のような運営で、勝手に道具使って勝手なものを作ってました。仕事を早めに切り上げて、陶芸やって、すっきりして寝る。今じゃ出来ない夢のような生活。いつかは再開したい趣味。

ここのところ忙しくて、こんな発掘ネタばかりですいません。


posted by TA at 00:57 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
これはお見事なできばえですね。粥鍋は冷たいもの用にされては?ログハウスの中に展示しても素敵ですよ・・
Posted by イチジク at 2007年04月11日 05:25
凄い! 今度は陶芸ですか(;´Д`)
手びねりで、ここまで出来るって…
Posted by 栃木の at 2007年04月11日 21:20
立派立派!
陶芸は自分でやると難しさがわかります。
自由に出来るのは良いですね。
私はうわぐすりからはお任せ状態ですから、何だかあまり自分の作品という感じがしないのですよ。
物を作るって初めから最後まで自分でやりたいですね。
Posted by hiroyuki at 2007年04月12日 01:45
本当にお上手、器用だだけでなくセンスを感じます、、、
って陶芸のことは全くわからないのに良いコメントではないですね。。
葡萄は絵付けされたのですか?

ひとつお聞きしたいのですが、陶芸の土によって熱の強度は違うかと思いますが、
何の土が一番良いでしょう?
アロマの器を考えてます。陶芸すらしたことはありませんが、
100均のを使い回すのも何だし、ランプワークでパイレックスはとても取り組めないし・・
何か良い方法はないかな〜考えてました。
Posted by whitecoat at 2007年04月12日 18:16
イチジクさん、ありがとうございます。

ゴロゴロしてる中でも、見た目がいいほうのを見つくろいました。
確かに冷たいものだったらいいかもしれませんね。
Posted by TA at 2007年04月12日 22:21
栃木のさん、どうも。

これは分厚く出来てますからね。自重とかで変形する心配もせずに作れました。
それに中学生の頃から土器作りしてたので、ひも作りはそれなりに。
庭から出土した粘土で土器作りする変な少年でした。
Posted by TA at 2007年04月12日 22:37
hiroyukiさん、ありがとうございます。

粘土はいいですよね。あれこれ考えずに形を作れて。
でも、力ずくではいうこと聞いてくれず、結構難儀することもありました。

釉薬は難しいです。掛ける工程は慣れてくればなんとかなるのですが、焼成後の様子がなかなか思った通りになりません。
Posted by TA at 2007年04月12日 22:47
whitecoatさん、なんだかお恥ずかしい。

一応絵付けも自分です。
ガラスのホットワークでもそうかもしれませんが、陶芸って自分以外の力がいろいろはたらくようです。いい味出してくれて、助けてくれることも結構あります。

熱の強度というのは熱膨張に耐える度合いということですよね?
陶芸材料として売ってる粘土では鍋土というのが強いです。あと普通の粘土にシャモットという土を混ぜても強くなります。
ただ、いずれにしても、信楽土などの普通の粘土に比べると、粘りが若干弱く、成形がやりにくいと感じるかもしれません。
ちなみに、うちで使ってるお香を焚く皿やフタは信楽土を使って作りましたが、今のところ割れる様子はありません。ガラスよりはルーズに考えてていいのかも。
Posted by TA at 2007年04月12日 23:12
なにー 土器作ってた〜?
それって、縄文式ですか?弥生式ですか?
実はオイちゃんも小学生の頃、
関東ローム層を使って、土器を作ったことが有ります(^_^) v
Posted by 栃木の at 2007年04月13日 20:35
あー、、すいません。
熱の強度って、つまり、土鍋のように火にかけても大丈夫な土は?という意味なんです。
あと、ロウソクの すす はかなり取り除きにくいので、表面平滑度で較べるなら
陶器よりか磁器、磁器よりかはガラスの方がベターなんです。
Posted by whitecoat at 2007年04月13日 22:16
栃木のさん〜〜〜

仲間じゃないですか!
同好会結成ですね。
Posted by TA at 2007年04月13日 22:55
whitecoatさん、こんばんは。

やはり鍋土が無難かもしれませんね。
それからススの問題、、
気にしない・・というわけにはいきませんよね。
炎が当たる部分にも釉薬をかけてしまえばいいのでしょうけど・・
その選定までは不勉強ですみません。

回転機構の件も遅くなっていてすみません。
もう少ししたら暇になりますので。
実はまだ仕事中。。
Posted by TA at 2007年04月13日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。