2007年03月28日

電気炉2号・その1.電熱線

20070314kantal.jpg

電熱線です。出かけたついでに買ってきました。
上がニクロム線100V600W、下がカンタル線100V1KW。
使用可能温度や使用環境によっていくつか種類があるようです。写真のものはニクロム線が900℃でカンタル線が1400℃、一般用途(?)。
前作電気炉1号が600Wだったので、今回はサイズアップするつもりで1KWか1.2KW。600Wニクロム線2本を制御するのも自由度が高くていいかもと思いましたが、温度的な余裕をみてカンタル線にしました。ノギスで径を測ると約1.2ミリ、600Wのニクロム線に比べるとかなり頼もしいです。

20070314konyu.jpg今回の買出し品

コイル状のニクロム線、カンタル線の他、ライン状のカンタル線、カンタル線と銅線を接続するためのターミナル、制御系用のスイッチング電源基盤。

ライン状のカンタル線は炉壁に電熱線を固定するのに使います。ターミナルは、陶製のベースに大きなネジがついていて、電熱線と銅線を巻きつけて締め上げる方式です。スイッチング電源は、24Vと5Vの2出力。

材料は大体揃いました。
あとはやる気と時間。


この記事へのコメント
今度はどのくらいの大きさ(容量)の電気炉を作るの予定ですか?
明日、宜しくですぅ〜。
Posted by whitecoat at 2007年03月31日 21:31
こちらこそよろしくです。
炉は、600Wのと比べて床面積2倍強で平べったいのをとりあえず考えてます。
でも、まだ迷ってます。ご教示お願いします。
Posted by TA at 2007年03月31日 23:06
お世話様です。
初めまして!
お尋ね致します、カンタル線はどちらで購入されたのでしょうか。
販売先など、お教え頂けましたら幸いです。
ニクロム線は、ホームセンター等で見かけるのですが。

Posted by polaris at 2007年06月01日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。