2007年01月22日

まだ温度計

20070120thermologger.jpg

温度計作り・・まだやってました。

5℃あたりまで下がると数値が揺れる問題が解決。
前回までのじゃ中途半端だし、も少し使えるように改造してみました。

20070120controlpanel.jpg操作ウインドウ

アドインツールとして作成。あれば便利ということで・・
開始ボタンをクリックすると、エクセル上に新しいワークシートが作られて、日時と温度が記録されていく仕組み。
センサー指定、計測開始&終了日時や計測間隔、通信設定を入れられるようにしてみました。何がしか設定すればそのように、何もしなくてもそれなりに動きます。

プログラムファイルは次ページに。


とりあえず、温度計はこの辺で中締め。
ほんとは氷点下も測れるようにしたり(そこそこの精度でよければ簡単そう)、EEPROM載せてそこに記録するようにしたりすればいいのでしょうけど。。

一応、動作テスト。
20070120excel.gif我が家のベランダサッシ内外の温度変化

大寒の土曜日、1分毎に丸1日測ってみました。
窓ガラス1枚をはさんですぐのところだったので、暖房をオンした朝方以外は、内外連動してるようにしか見えません(相関係数0.84)。
こういうデータにはエクセルって便利ですね。
グラフもポチポチ選んでいけば適当に書いてくれるし・・
分析ツールで基本統計量をクリックすれば、最低(高)気温、平均気温も一発・・
(画像クリックで拡大)

さて、値が揺れる問題ですが・・

センサーのケーブル長が原因。
2つの温度センサー、長いほう50センチ、短いほう15センチくらい。低温状態のの屋外には長いほうしか試して試してないことにふと気づき、短いほう(15センチ)を冷やしてみたら症状が軽い。
こりゃリンギング?
温度センサーのデータシートを読むと、静電容量50pFまで駆動可能みたいなことが書いてある。正確なところはわかりませんが、使ってるのがシールド線で50センチだと、多分容量オーバー?

というわけで、とりあえず信号線に直列に抵抗を入れてみる。ほんの気持ち安定したような。。次に次に、データシートにあるように信号線を抵抗とケミコンできちんとダンプして、電源ラインにもパスコン入れたら、見違えるように安定。0℃までOK。
マイコンのADCの精度にあらぬ疑いをかけてました。ごめんなさい。

・・ということで、センサー部分の実装とセンサー回りを修正した回路図を下記に、、
20070106lm35dump.jpg20070120easythermologger.gif
(回路図はクリックすると拡大)

回路図で、左側のLM35回りが対策部分。


操作パネル:

プログラムは、エクセルにアドインツールとして組み込めるように作りました。
下記ファイルをダウンロードし、解凍すると、easythermo.xlaというファイルが出来ます。エクセルのツールメニューから「アドイン」を選択し、「参照」ボタンを押し、このファイルを開けばOK。エクセル画面のどこかにツールバーが現れ、温度計マークのボタンが表示されてるはず。これを押すと操作パネルが開きます。

温度計測用アドイン(zip形式で圧縮)easythermo.zip

*これをそのまま使おうという人はいないでしょうが・・
 いきなりアドインせず、プログラムを一読するのが懸命でしょう。エクセルでeasythermo.xlaを開き、VisualBasicEditor(Alt+F11キーで起動)で確認可能。
*シリアル通信にはactivecell.jpのEasyComm(フリーソフト)を使わせていただきました。


H8ボード用プログラム:

PCから"T1100"というような文字列が送られてくると、"A0023002500000000"のような文字列を返すようなプログラムになっています。
"T1100"は測定値を返せという指令です。Tの次の4つの"1"や"0"は、温度センサー1〜4のオンオフ指定です。
"A0023002500000000"は、無事測定できた場合の戻り値で、各温度センサーの値4桁が4組並んでいます。

H8/3694用プログラムthermologger.c(2007−1−27修正)

ちなみに、個人の非営利目的でのプログラム利用はご自由にどうぞ。それ以外はご相談ください。もしいらっしゃったらということで、念のため。
posted by TA at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 電気・メカトロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Excelアドインツール609「パーティ分析プログラム」
Excerpt: 目的変数が数量やカテゴリであっても設定の分割制限に応じて的確に分類し展開図を作成します。
Weblog: 情報商材レビューinfo-chance.com
Tracked: 2009-04-02 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。