2006年12月31日

温度計のつづき

20061230tlogp.jpg

30日夜、家族が寝静まってから、ソフトウエア作りをちょこっと。
温度計からのデータを直接Excelに取り込むように・・

1秒ごとに温度計側から送り出されるデータをそのまま受信してもよかったのですが、せっかくなのでPC側からのリクエストに応じて計測&データ送信するように温度計のプログラムを変更。

Excelには、VBA(Visual Basic for Applications)という開発環境が付いてきているのでこれを利用。そして、activecell.jp製シリアルポート制御プログラムEasyComm(フリーツール)を導入。これのおかげでVBAのプログラムは10行ちょっとでOK。

20061231tlogexcel.jpg動作実験

ベランダと室内の温度を同時計測。
30日深夜から31日お昼まで。
Excelから1分ごとにデータ要求を出し、温度データを受信、時刻と共にシートに記録。Excelなのでグラフ化も楽勝。
ただ、困ったことに、温度が5℃以下になると計測値が乱れることが発覚。温度計のAD変換部分の問題?

部屋の中で動かしてただけでは発見できない問題でした。
やはり作りっぱなしはだめって事ですね。


posted by TA at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気・メカトロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック