2006年10月13日

電気がついて切りまくりモード突入?

20061008denkyu.jpg

10/8,9のログサイト。
やっと電気が来ました。なんだかシミジミ。
「なにニヤついて・・」とひとの顔みてニヤニヤしてるSA。
空気を察知して「みせてみせてっ」と割り込んでくる子ども達。

裸電球1コの灯りで豊かな気分に・・お安い家族です。

20061008souko.jpg
物置の続き

今回、職場で同期のSさん(キャリアは全然上ですけど)夫妻、ご夫妻の友人のTさんが訪ねてきてくれました。

Sさんには物置の外装をお願いしてしまいました。
私は内部の棚作り。


20061008planer.jpg丸太表面の削り

カビた丸太をカンナがけ。防カビ塗装してた丸太もやられ始めてました。あとから柿渋を塗った丸太はセーフ。
既に組んでた丸太とこれから積む丸太数本、結構大変で交代々々。のはずが、Sさん奥さんには、初めての電動カンナ&サンダー作業にもかかわらず、かなりの量をやってもらい、大助かり。

平カンナでも結構できるもんですね。それでもやっぱり曲面カンナが欲しい。

20061008kinoko.jpg
森の恵み

お隣からいただきました。森の中で採れるんだそうです。てっきりカラマツタケだと思い込んでたんですが、どうも違うようです。名前を教えてもらったけど、聞き慣れなくて思い出せないとのこと・・

汁物にしていただきました。なめこのようにとろみがあって美味。


20061008shugo.jpg俳句の秋の季語に「秋麗(あきうらら、しゅうれい)」というのがあるそうです。
深まりゆく秋の気持ちよく晴れた日のことをいうようです。学生さんに教えてもらいました。
今回はまさにそれでした。

そんな空気につつまれて、ほうとう、チリビーンズ、おでん、栗ご飯、焼肉、・・
食べまくりでした。いい季節。
Sさんご夫妻に感謝。


長年スイス在住でちょっとだけ帰国したところを立ち寄っていただけたTさん。ケーナを吹き、夜空の星々の話を聞かせてくれました。お孫さんもいらっしゃると聞いてびっくり。
日曜朝に出立され、写真もなし、ろくにおもてなしも出来ませんでした。
次の機会までにはゆっくりお話の聞ける環境をば・・

そうそう、9日夕方撤退する途中、森の奥へ少し行ったところで、イノシシ親子発見。
いるとは聞いてましたが・・・いました!



posted by TA at 22:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | ログハウスビルド
この記事へのコメント
>裸電球1コの灯りで豊かな気分に・・

そのお気持ち、すごくよくわかります!
そんな豊かな気持ちになる灯り、素敵ですね。
私もこんな風に、点く時を大事に思えるランプが作りたいです。
Posted by whitecoat at 2006年10月14日 22:12
大らかに、家づくりに参加させていただいてありがとうございます。いつも、ほんとに楽しく過ごさせていただいてます。また是非、泊めてください♪
Posted by ゆき at 2006年10月15日 00:49
whitecoatさん、どうも。

長らく待ち望んでただけに、すばらしく明るい世界が広がって・・って感じでした。
普段普通に電化生活してるので、切実さは足りないと思うんですけど、結構グッときました。
我が家では思い出に欠かせない灯りになることでしょう。
他人のためにそういうのが作れるなんてことになったら喜びの極みでしょうね。
Posted by TA at 2006年10月15日 19:28
ゆきさん、ありがとうございます。

こちらこそお手伝いしていただいてひたすら感謝です。
練習のつもり(なんの?)でお気軽にお越しください。
こちらは来ていただけるだけで嬉しいし、楽しいので。
Posted by TA at 2006年10月15日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック