2006年06月16日

立木伐採

20060612batsuboku1.jpg

月曜日に立木を伐採しました。
立ち会うために日帰りで山中湖へ。

20メートル超の木々を隣家や電線に引っ掛けずに倒す自信はなく、プロに依頼。2社見積りをもらって安いほうにお願いしました。

とはいえ、大きなグラップル(ハサミをつけたバックホー)やクレーンを使うため、相当大掛かりで相当な出費。

20060612batsuboku2.jpg
ハサミでしっかりはさんでから根元を刈ります。数年前に八ヶ岳のWさんのところに手伝いにいったときも、確かこういうやり方。
かなり大きな重機なので、そこそこの大きさの木の場合、まず重機で斜めに引き倒し、その後根元を刈るというやり方もやってました。根がかなり緩むので、抜根作業も楽なようです。


20060612batsuboku3.jpg倒した木は全部置いていってくれるように頼んでありました。とても珍しがられました。唐松がほとんどなのでログ材料とはせず、足場や養生に使うつもりです。
見積り時、枝も置いていってくれていいと言って親方らしきおじいさんをビックリさせてました。しかし、それは業者にとって非常識な行いらしく、当日は方針変更でもち帰るとのこと。あとで山と積まれた枝葉を見たときに、素人の浅はかさを思い知りつつ・・職人さんに感謝。


20060612batsuboku4.jpg直径80センチの唐松の切株。
敷地で2番目に大きなやつでした。
この唐松は内部もしっかりしてましたが、ほかのは結構腐れやスが入ってました。長さ太さがある程度以上になると芯がイッてしまうそうで、「都会の人は残したがるだけどね。切れるのは切ったほうがいいだよ。どうせまた切らなくちゃいけなくなるだから・・家が出来ちゃうと大変だよ」なんて言われてました。
まあ決めちゃったので。。そんなふうにいわれると気になるけど、、
1番大きなのは残したのですが大丈夫か?



そもそも木の多いところが気に入って決めた土地だったんですが、かなり様子が変わってしまいました。
とにかく、もう後戻りはできません。


posted by TA at 01:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | ログハウスビルド
この記事へのコメント
こんばんはー、着々と進んでますね。
あのー、、変なこと聞いてしまいますが・・
唐松ってログハウスには使わないのは堅い?からですか?
中信州では建材に使ってるところよく聞くんです。
腐れやスが入っているのが多かったようで
いずれにせよ使えませんね。

Posted by whitecoat at 2006年06月18日 20:06
whitecoatさん、こんばんは。

本当はその場所に生えてた木で建てられればいいんですけどね。

唐松は、堅くて水腐れにも比較的強いらしく構造材向きなのですが、歪みとヤニが問題です。成長期にねじれながら伸びるそうで、材として用いたときにはそのねじれがもどるように歪むそうです。ある程度太くなるとねじれの影響は出なくなるらしいのですが、小さな小屋に太過ぎるログ材はなにかと不都合で・・

十分に乾燥させてから使えば歪みも小さくなるように思いますが、乾燥させるにはそれなりの設備が必要ですし。。あと、チェンソーで加工するときは生木に近いほうが刻みやすかったりします。

それにしても、中信州お詳しいんですか?



Posted by TA at 2006年06月19日 00:15
丁寧にお返事頂きありがとうございます。
とても勉強になりました。
なるほど・・・ログハウスは倒木したら直ぐにそれで組み立てる
というスタイルですよね。

中信州は知人の建築家がよく仕事しているところ
なので唐松建材の話は聞いてました。
↓参考まで・・・
http://www.kawakami.ne.jp/moriben/karamatuhadamezura/karamatuhadamezura.htm
Posted by whitecoat at 2006年06月19日 19:31
参考ページ、いいですね。
雑ぱくだった知識が整理された気がします。

業者さんの話では、昔は不揃いな唐松でも材木屋さんで買い取ってくれたそうです。
それが今では産廃にするしかないとのこと。世界中で樹木はいじめられまくりですね。
自分もその最前線にいることを実感してます。せめて倍返し、ですね。
Posted by TA at 2006年06月19日 23:07
先日、妻の実家に戻ったとき義父と話していたのですが、立木を伐採の値段が最近上がっていて、近所の家も昔、40万位で出来たのが今は100万かかるとのこと。高いですね。
その時に、100万くれればTAさんと一緒にプロジェクト組んでやるのにな・・・などとその時話してました。
帰って記事読んだらビックリでした。しかしそんなに簡単でには行かないんですね。

くしゃみしませんでしたか(笑)
Posted by hiroyuki at 2006年06月26日 00:22
hiroyukiさん、ごぶさたでした
立木伐採って、どうやるにせよ結構かかるんですよ。

やる前は、なんとか自分で出来ないか考えてたんです。
オペレーター付きでクレーンを借りて、ワイヤーをかけるのに高所作業車を借りて・・
建機リースのカタログを見ると、高所作業車を借りるには免許が必要・・
切るのに3日くらいかかりそうだから・・
なんて具合で、日数はかかる、費用は業者見積額にどんどん近づいていく・・
結局、この程度の差なら安全策でということに。。

業者は、重機1日、片付け半日。高所作業車なんて使わず、クレーンの孫フック(大きなクレーンには大小2つのフックがついていて、小さいほうを孫と呼ぶ)で、人を吊り上げてました。

それから、見積りをしてもらった2社とも伐木処分費が1本あたり4,5千円でした。今はどこも野焼き禁止で、産廃として処分するしかないそうです。うちは処分せず置いていってもらったので、この分浮きましたが、街中ではそうはいきませんよね。このあたりが値上がりの要因かも。
Posted by TA at 2006年07月04日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック