2008年09月19日

鉄筋加工

20080916tekkin.jpg

連休中のご報告。
同じ山中湖の某所でログハウスを建てられたberuwanさんのところを見学したり、型枠づくり、鉄筋加工に着手。
beruwanさんのサイトは、青々とした芝生が広がり、横にローズガーデン、そしてずずーっと奥にいったところにログハウスという、すごく絵になる空間。ご夫婦のセンスとご努力に感服。
うちもがんばらないと。。

鉄筋は結局、最初に見積りをくれたところに注文。現場へ届けてもらい、加工開始。

20080916tekkinmage.jpg道具はカットベンダー

中古のカットベンダーを入手し、人力で加工。
助っ人はSさん。養殖池を作ったりしていて、鉄筋やコンクリをやるにはとても心強い。
鉄筋に図面通りの寸法をマークし、曲げ作業。しかし、4か所曲げてループにすると、なぜか誤差が3〜4センチ発生して合わない。どうやら異形鉄筋とカットベンダーの把持部分の当たり具合によってグイッと曲げるときにすべりが出たり出なかったりするらしい。

20080916vender.jpg
ガイド取り付け

3〜4センチも誤差があると後々困るかもってことで、誤差が蓄積しないよう、1つ曲げては寸法を確かめる戦法に変更。そのためのガイドを角材で急ごしらえして、カットベンダーに取り付け。
若干手間は増加したものの、誤差はせいぜい1センチ程度と改善しました。

20080916tatekin.jpg縦筋加工完了!

なんだか夢中でやってるうちに必要数量52本が出来上がり。
予定していた以上の進み具合。横筋の曲げやカットはそれほど多くないので、もう峠を越してしまった感じ。
これも助っ人Sさんのおかげ。ひとりじゃ多分3倍は時間がかかっていたはず。ありがとうございました。

20080916c40.jpg砕石搬入

予想以上の進捗状況に、次回配筋とコンクリ打ちができそうな気がしてきたので、急きょ砕石を発注しようと資材屋さんを探して電話。
しかし、これまた鉄筋のときのように小口過ぎるということで断られる。しかし、またまた小口も受けてくれそうなところを紹介してくれた。早速、そこへ電話したけれど、さすがに2立米は少な過ぎるらしく、配達はかなり嫌がられる。そこを頼み込んで運搬費も上乗せして持ってきてもらう。
今回は、割栗石は敷かず、砕石(C−40)のみ。


いよいよ今週末から基礎作り本番。
台風13号が心配ですが、ユンボ投入してダダダーっとやるつもりです。

木々も色付きはじめ、焚き火を囲んで過ごすにはいい季節になってきました。
これからは出動頻度を上げていくつもりです。
ご都合つくようでしたらお出でくださいね >OOさん♪
20080914meal.jpg
posted by TA at 02:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | ログハウスビルド
この記事へのコメント
いよいよ基礎開始ですね、生コン入れるときの型枠の強度が肝心ですよね、うんと補強してください。私は手練りでしたからノンビリできました。
Posted by イチジク at 2008年09月19日 06:12
台風も何とか行っちゃいそうだし
この飛び石連休は天気よさそうですね
○○の所は"シバ"とか入っちゃうんですかね??
がんばりますよ・・・
Posted by shibasan at 2008年09月19日 08:58
イチジクさん、アドバイスありがとうございます。
そうなんです。型枠が結構不安で・・・
パネル以外に丸セパ・フォームタイも買い込み、結構な出費です。
これでガッチリできるといいのですが。
Posted by TA at 2008年09月19日 09:11
shibasanさん、最初から勘定に入ってるので。。
いやほんとよろしくお願いします。
Posted by TA at 2008年09月19日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。