2007年11月22日

手作りパン勉強会α

20071118bd1.jpg

日曜日、パン作り勉強会を実験的に開催。
tsukuru.netというSNS内に手作りパン倶楽部というのを立ち上げ、パン作り歴○○年の「栃木の」さんとともに、今回の開催となりました。
参加者は相方SAのお知り合いの方々。場所は近所の公民館。
準備が十分に出来ず、段取りも悪かったのですが、栃木のさんはじめ集まった皆さんのおかげで、美味しいパンが焼けました。

20071118bd2.jpg
計量

作るパンは、セミ・ハードパンとシナモンレーズンロール。
粉は、リスドォルと春よ恋。今回は、インスタントイーストを使用。分量比はおそらく一般的なもの。
粉はもちろん、砂糖やバターもグラム単位で正確に計量します。
また、温度管理も大切なようです。
今まで私は、粉と水分量以外はいい加減でした。


20071118bd3.jpg混練

バター以外の材料を混ぜ、まとまってきたら台に移してこねます。
台の上では、こねるというより打ち付けてたたむの繰り返し。途中、指先で生地を薄く広げ、出来具合をチェック(グルテンチェックというらしい)
2つの生地を仕上げるのに合計1時間以上。
生地が少し固く、予想以上に時間がかかりました。
その後、バターを練り込んで(これが大変)、完了。滑らかで張りのある生地が出来ました。

20071118bd4.jpg成形

一次発酵で2.5倍程度になったところで、やさしく空気を抜く。
生地を適当な大きさにカットし、丸めてベンチタイム。丸めは、グルテンを断裂させないように、層状にきれいに仕上がるよう丁寧に行う。
乾燥に対する配慮とか、実習だからこそ分かることがたくさんありました。
写真は、セミ・ハードパンにクープを入れているところ。

20071118bd5.jpg焼き上がり

シナモンレーズンロールの焼き上がり。
干しブドウはきれいに水洗いするべきなんだそうです。ラム酒などあらかじめ振りかけてしばらく置いておくといいそうですが今回は省略。

焼き上がった直後に、表面にアプリコットジャムを塗っています。

20071118bd6.jpg集合写真

各人2種類のパン作りをひと通りやろうと欲張ってしまったため、昼食休憩もそこそこにおよそ7時間の実習。しかし、焼き上がったパンの出来に一日の疲れも和らぎました。シナモンレーズンロールはフワフワ、セミ・ハードパンはキメがとても細かく、弾力があっていい味してました。
子ども達も途中、こねたり、丸めたり、参加していました。
パン作りって楽しいですね。

posted by TA at 07:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | パン作り

2007年11月19日

別れ

11日に父親が永眠しました。
介護が長期戦になるだろうと、そのことばかり考えていたので、準備も心構えも出来ていませんでした。
父親は気遣いの人だったので、迷惑掛けたくなかったのかなあなんて思います。
介護なんて大げさに構えず、さりげなくサポートできれば良かった。

やるべきことがあれこれ残っているし、まだいつもの暮らしの速度についていってないようにも思いますが、とりあえず前向いて、からだを慣らしつつ・・ですね。

先月と同じ文句になってしまいますが、、
またボチボチいかせていただきますので、よろしくお願いします。
posted by TA at 19:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月04日

アップルロール

20071104appleroll2.jpg

ブログによくコメントしてくれる「栃木の」さんは、パン作りが非常に上手です。作ったパンのことを某SNSによく投稿しています。昨日はアップルロールでした。タイミング的にちょうどよかったので、マネして作りました。

20071103shukaku.jpg
リンゴ狩り


折りしも、昨日は幼稚園の親子遠足でリンゴ狩り。
たらふくリンゴを食べて、さらにみやげにリンゴ。

家でまたそのまま生リンゴを食べるのもなんだな〜なんて思っていたらちょうど・・
仕込み終えたホシノの天然酵母もあるので、よしっということで。。

20071103applecut.jpg20071103applepreserves.jpg
パンに入れる蜜漬けリンゴは、前夜仕込んでおきます。
リンゴ:1個、砂糖:50g、水:100cc
リンゴの皮むきは私TA、イチョウ切りは長女NA。
材料を皿に入れ、レンジで4分。冷まして、冷蔵庫へ。

20071104dough.jpgパン生地

強力粉:300g、バター:50g、卵:50g、砂糖:50g、塩:3g、水:130cc

バター以外を混ぜ、適当なころあいにバターをニギニギしながら混ぜて、粉気がなくなってまとまるまで捏ねる。そして、1次発酵(温度は多分25℃くらい)。2.5倍くらいに膨らむまで6時間ほどかかりました。

20071104rolling.jpg20071104rolled.jpg
1次発酵の終わった生地を2つに分けて丸め、10分ほど休ませます。
その後、1つずつ30cm四方に伸ばし、水気を切った蜜漬けリンゴをパラパラのせてからクルクルと。巻き終わりがはがれないようにきっちり閉じておきます。

20071104leavenning.jpg
カットして並べる

巻き終わった生地をそれぞれ6等分に輪切りにし、型に並べます。
今回、型には、百均で買った紙製のスポンジケーキ型を4センチ高程度に切って使用。
2次発酵は、30℃で1時間。

20071104leavened.jpg
焼成前

2倍程度に膨らんだら2次発酵終了。
表面に溶き卵を塗り、シナモンシュガー(グラニュー糖:大さじ2弱、シナモン:適量)を振りかけます。
オーブンに入れ、180℃20分。
焼き色が薄かったので、さらに200℃で10分程度。


表面サクッで、中はフワフワ。しかし、底面がリンゴからの水分でちょっとべたついてしまいました。でも、口に合ったのか子どももパクパク食べてくれ、あっという間になくなりました。

ちなみに最初の写真でパンの上に乗っている赤いハートは、長女NAが画用紙を切り抜いて作りました。かわいく飾ってくれたのだと思っていたら、パンが少なくなってきた頃、各々の皿の上のハートの数をチェックし、何個食べただの何だのと・・・油断なりません。
posted by TA at 22:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | パン作り

2007年11月01日

ハロウィン

20071031halloween1.jpg

ハロウィン。おじさんには未だしっくりきませんが、子ども達は楽しんだ様子。
団地内の子ども達が仮装して、家々を回り、お菓子を集める。
そりゃ楽しいでしょ。

我が家は今年、なぜかバレリーナ。
悪霊が恐れをなす格好とか、悪霊そのものとか、そういうのがいかにもって感じですが、子ども達が頑なに拒絶。衣装製作担当SAの思いつきで、突如バレリーナ。本人達も快諾。

20071031ballerina1.jpgスカート

布を裁断し、ミシンでカタカタと。私には出来ないワザ。
そして試着。ゴワゴワスカートだけだといい具合にフワッとしてるけど、上にツヤツヤスカートが乗ると重みで垂れ下がり、いい形に決まらない。
丈を詰めたり、いろいろやってそれなりの形に。傍で見ている限り、ゴワゴワスカートがピンと横に広がるような波々構造をしてると具合がいい様子。


で、完成した衣装を着るなり本人達はノリノリ。

20071031halloween2.jpg20071031halloween3.jpg

クルクルまわったり、側転したり・・
って、そりゃ体操・・
まっいっか。
posted by TA at 01:31 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。