2007年08月29日

あと2本・・

20070820unic.jpg

17(金)〜22(水)までの様子です。
滞在後半ユニックをレンタルしました。
それまでは1日1本ペースでなかなか・・なのに夕方にはヘトヘト。
クレーンがあると、効率も精度もグンと上がります。クレーン欲しい。

20070821locknotch.jpg ロックノッチ

上端に近くなると高さ合わせが必要になり、どうしてもノッチ(上側丸太の切り込み)を深くしないといけなくなりました。
とはいえ深過ぎると強度的にまずいので、面倒ですがロックノッチにします。本来はどの方向にも動かないようにガッチリかみ合わせる技法のようです。でも、ここでは下の丸太上面を切り欠いて、その分上の丸太の切り込みを浅くするのが目的です。

ホットサンドクッカー
20070820hotsandcoocker.jpg20070820hotsand.jpg
流庵の塚っちさんからいただいちゃいました。柄が長い焚き火対応型です。以前HPで拝見してから欲しかった夢の焚き火アイテム。実際、焚き火が楽し〜〜。
今回は、ホームベーカリーで焼いた食パンにハムとスライスチーズでやりました。トローリ美味いです!

20070820kiln.jpg
電気炉燃焼試験

作りかけの電気炉2号を持ち込み、電気炉1号のコントローラーにつないで初炊き。ログの手伝いに来てくれたTさん(昔、電通部で電気が得意)に配線をお願いしました。
断熱材の中のバインダーを燃やし、温度の上昇具合や壊れないか確認するのが目的。予想に反して、800℃まで約10分で上がりました。早過ぎかも・・

20070820seesaw.jpg
Tファミリー

上のTさんとは別の、自然暮らしの会つながりのTファミリー。帰省先からの帰りに立ち寄ってくれました。今回、遊び相手がいなくてテンション下がっていた娘達ですが、お姉ちゃん達が来てくれて持ち直しました。
実家で余ってたという、水道の分岐水栓を取り付けてくれました。


20070820tsan.jpg

Tさんグルーブカットに挑戦

私が使っているハスク254というチェンソーの調子が悪く、作業が遅れ気味。そこでTさんにもチェンソーワークに参加してもらう。使っているのはやや小さめの新ダイワ395というチェンソー。

20070820sa.jpg
相方SAはスカーフカット

背に腹は代えられず、相方SAにもチェンソーワークに参加してもらう。
ササッと足場を登り、なんのためらいもなくカット開始。
でも、スカーフ切り込み過ぎ。これじゃ隙間が・・
やはり油断なりません。

20070822ssan.jpg
Sさんスパートピーリング

小屋組み用に残していた丸太の荒皮をSさんに水剥き(スパートピーリング)してもらう。養魚場を営むSさんは高圧洗浄機の扱いも慣れたもの。
6本ちょっとを全部きれいに剥いてくれました。

チェンソーの不調もあって、小屋組みまではいけませんでしたが、コードログ(妻壁側のいちばん上の丸太)やシーリングビーム(ロフト床がのる桁)は加工が終わりました。
プレートログ(屋根を受ける軒側のいちばん上)用の丸太をのせて、今回は終了としました。
ノッチ加工も残すところあと2本。。
20070822log.jpg

2007年08月13日

電気炉2号・その2.断熱材

20070813cwboard.jpg

電気炉製作を再開しました。
今日は、断熱材のカットまで。

cad.gif
断熱部材の形状

今回は、平べったいガラス専用にするつもりで、平らなベースに箱を伏せる形式にしてみます。炉内寸法をたて250ミリ、よこ150ミリ、高さ75ミリとし、電熱線は天井にむき出しで取り付けます。
炉の壁は、断熱材に50ミリ厚のセラミックウールボード。
(図にはありませんが、)それを5ミリ厚のケイカル板と0.5ミリのステンレス板で覆うつもりです。

1KWでこのサイズ、ちょっと欲張りすぎかも?
性能が出なければ徐冷箱に転用・・ですね。

pidsim.png温度調節のシミュレーション

PID制御の計算式をどうするかの検討も兼ねて、Excelで温度コントローラーをシミュレーションしてみました。
初期温度25℃から設定温度800℃まで上昇させます。制御サイクルを10秒とし、電気炉1号のように15分くらいで設定温度へ安定して到達するように各設定値をいじります。熱源や熱伝導率を考慮してないのであまり意味はありませんが、とりあえずD(微分)項は省略してよさそうです。

15分で800℃に到達するには、毎秒1℃ちょっと上昇させないといけません(^_^;)

2007年08月09日

あと2段・・

20070805log.jpg

7/28〜8/5の9日間、渋滞アリ、雨アリ、救急アリ・・ではありましたが、なんとかあと2段というところまで来ました。残り1段は今まで通り積んで、その後、コードログ、プレートログ、シーリングビームという、ロフト床や小屋組みを載せる丸太を積むことになります。

28早朝、渋滞情報をチェックしたときはまだ大丈夫な様子でしたが、見る見るうちにあちこち渋滞。結局、5時間かけて現地着。
到着してほどなく、チェンソーワークの先輩大ちゃんが、アックス手土産に訪ねてきてくれました。テーブル作りを頼まれて、その途中で寄ったとか。1段めを手伝ってもらって以来でした。写真撮っとけばよかった。到着したばかりでお構いもできませんで失礼しました。


20070728tent.jpg
テント村出現

最初の土日は、長女NAの幼稚園のお友達関係5家族、相方SAのお友達2人が宿泊。
テント7張、車7台。
収容するために、草を刈り、土を切り盛り。
テントを張って・・
気がつけば、ログ作業するスペースがない。
で、遊んじゃいました。


BBQ、花火、カヌー、スイカ割り、・・・

20070728chori.jpg20070728hanabi.jpg
20070729meal.jpg20070729suikawari.jpg

オートキャンプ場としては☆★★★★な環境だと思いますが、2日め午前中雨がぱらついただけで無事(?)1泊2日のスケジュールを終了。
テント初体験ファミリーもいらっしゃいましたが、どうだったでしょう・・?
我が家の娘2人はテンション上がりっぱなし。
親としては嬉しい光景でした。。


食事、、
20070730kunsei.jpg20070804pizza.jpg
20070729bread.jpg20070802hokke.jpg

左上は、7/31朝、隣市で養魚場を営むSさんがひょっこり訪ねてくれ、差し入れてくれたもの。70センチ超のニジマスの半身の燻製です。いいアブラがのった腹と旨みの詰まった背の身。すごい食べ応えで、ビールがもう。。
右上は、ダッジオーブンで焼いたピザ。今回、ピザソースに市販の瓶詰めサルサを使用。水分がやや多めですが、シャキッとした感じでいいお味でした。
その他、そうめんとレトルトカレー(不動のローテーション)の間に、ちょこちょこと・・


20070731park.jpg
富士急ハイランド

買出しやコインランドリーへ行くついでに、無料入場券があったので立ち寄りました。平日で、朝から雨がぱらつく天気だったのでどのアトラクションもスイスイ乗れる状態でした。
この後、ワゴン車のスライドドアに次女のかかとを挟んでしまい、救急病院へ。幸い骨に異常なく、翌日にはピンピンしていました。

20070801hanabi.jpg
花火大会

富士五湖では毎年、山中湖から始まって河口湖でシメる花火大会が行われます。山中湖では今年、4か所から打ち上げ。
日帰り温泉の帰りに山中地区から見物。長池地区や旭日丘から打ち上げられる花火を遠目に眺めつつ、間近に開く大輪も見られるのは案外いいです。

20070730yeast.jpg
意外なところにパン材料が・・

よく買出しに行くスーパーに寄ると、ホシノ天然酵母や赤サフが・・その他、小麦粉も十数種置いてありました。
今までは気づかなかったのですが、今はついついそっちへ注意が向きがちってことで。。
とはいえ、今は建築優先。

20070802sawchain.jpgソーチェン交換

チェンソー用の刃のついたチェーンです。加工中、丸太を固定するカスガイにチョンと当てたら、刃が5つ折れてしまいました。
ひと回り小さな予備チェンソーがあるし、刃だけの予備は用意していませんでした。しかし、いざとなると、数日間も予備チェンソーを使い続ける気にはならず、販売店を調べ、御殿場まで遠征して入手してきました。


2度めの週末は、子どもがうちとほぼ同い年どうしのHファミリーがご来訪。
20070804makiwari.jpg20070805kanna.jpg
20070801sa.jpg20070805canoe.jpg

スポーツ一家のHファミリー、親子で身体能力が高い。
ご主人はあっという間に薪置き場一杯にしてくれ、奥さんはカンナがけスイスイ。
子ども達も子ども達だけで走り回って遊んでました。
おかげさまでログ積みが進みました。
相方SAはベンチを制作。
日曜午前中は、湖畔で水遊び&カヌー。


事前の予報に反して、雨に降られなかったのは2日だけでした。
ここのところ雨に祟られっぱなしで、今回も思うようにはいきませんでした。とはいえ、ようやくあと2段というところまでこぎ着けました。
次回(18日〜)で終わらせたい。。
20070729shugo.jpg20070805shugo.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。