2007年07月18日

パン作り

20070715breadbutter.jpg

最近パン作りをはじめました。練りや発酵はホームベーカリーまかせ、焼きはオーブンのパン焼きコースと、手作りとはとても言えませんが。。
日曜に天然酵母パンを試作したのでそのご報告。

20070715yeast1.jpg酵母種

ホシノ天然酵母という市販の酵母種を使用。
これ以前に、インスタントドライイーストや白神こだま酵母も試し、いよいよ生種起こしが必要な天然酵母種で挑戦。
本当はいきなり干しブドウから酵母採ろうと思っていましたが、tsukuru.netSNSでお世話になっている天然酵母パン作りの先生の助言により、まずはパン作り優先と反省し、これを選択。

20070715yeast3.jpg生種起こし

顆粒状の酵母を倍量の水で溶き、24時間発酵させると使用可能になります。発酵は25〜30℃に維持する必要がありますが、室温が26、7℃なので保温対策せずに放置。
水に溶くと、ドロドロの甘酒状態。匂いもそんな感じです。数時間経過するとボコボコと泡立ってきます。匂いはますます甘酒。24時間経過した頃には、泡立ちは収まり、ドロドロからトロトロ状態に変化。

20070715hb.jpg練り&発酵

材料は、生種大さじ2、強力粉300g、砂糖大さじ2、塩小さじ1、水180ccです。ホームベーカリーに全部投入し、天然酵母の食パンモードでスタート。7時間後に食パンになって出てくるのを待つばかり。。
ところが6時間後、コンセントが抜けていることに気付きました。2歳児KAの仕業です。二次発酵も終盤なのに。我が家のホームベーカリーは途中再開できない仕様です。あぁ〜あ〜〜

20070715manju.jpgまんじゅうパン

仕方なくクッキングシートの上にボトッと落とし、さらに20分追発酵。その後、180℃のオーブンで30分。写真のような直径25センチのまんじゅうパンが出来ました。
実は次女に電源抜かれたのは2度め。今回はわりと冷静に(?)対処。というか強力粉にハルユタカというブランド小麦を奮発したこともあって、とりあえず焼きまで完遂させねばと。。

20070715pastry1.jpg20070715pastry2.jpg
レーズンペストリー

子どものリクエストで甘いパンも作りました。パン生地にシナモンシュガーとレーズンを巻き込んだレーズンペストリーというパンです。こちらはインスタントイーストを使用。1時間で一次発酵まで終わります。
しかし、こちらも見栄えはイマイチ。

20070715sns.jpgSNS画面

今回の生種起こしでは、SNSに状況をレポートすると、それに対しアドバイスが書き込まれ・・とネット指導を拝受。初めての生種起こしで自分だけでは判断を誤っていたかもしれません。感謝感謝です。
ちなみに15日は私の誕生日で、mixiもこちらも誕生日バナーが表示され、こんなオジサンにはもったいないメッセージやコメント。お心遣いありがとうございました。

出来上がったパンがメインの誕生祝い兼夕食。
まんじゅうパンですが、これが意外や意外イケました。フランスパンをよりふんわりさせたような、外側カリカリ、中はしっとり。吟醸香に似たやわらかい香りに、小麦の味なのでしょうか旨みがじわっ。バターをちょこっと付けただけでバクバク。あっという間になくなりました。
20070715meal.jpg


posted by TA at 03:03 | Comment(8) | TrackBack(0) | パン作り
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。