2006年10月23日

紅葉の中で気分よく・・でもまた雨で

20061022sagyoujou.jpg

週末のログサイト。紅葉も中盤。
焚き火しながらのんびりと・・なんていつ出来ることやら・・

土曜日は、早朝からあちこち渋滞で、昼近くになってやっと現場到着。
そそくさと作業を始めるも、途中電話連絡などで中断。日が短いせいもあり、2時間ちょっとしか作業できず、チェンソーで1本加工したところで終了。携帯電話、なにもここまで追いかけてこなくてもと恨めしく・・でも家に置いてくる覚悟もなく。。

日曜日は、ヨッキ〜さんが助っ人に。
率先してカンナがけしてくれ、子どものあやとりにも付き合ってくれて、、もう感謝の言葉もありません。

20061022torigohan.jpg20061022nameko.jpg

日曜の昼ごはん、とりご飯となめこ汁。
土曜のお昼もとりご飯。長女のたっての希望で2日続けてとりご飯。特別な味?
なめこは、現地スーパーで仕入れたようですが、味もよく、大ぶりでいい食感。おいしゅうございました。

20061022notch.jpgノッチ加工

丸太と丸太が交差する部分がノッチ。
ノッチ部分で丸太どうしがいい具合に噛んでることが構造上重要です。

ノッチ加工は丸太小屋作りでの1つの醍醐味。チェンソーワークの上達度合いとか調子とかが如実に出る部分でもあります(未熟者が何を言いやがるっデスケド)。ピシッとハマったときの気持ちいいことといったら・・


20061022sagyoujou.jpg小雨の中で集合写真

白い点はおそらく雨粒。
3時過ぎくらいだったか、雨がパラつき出しました。
5時をちょっと過ぎたところで、少雨とこの暗さでアップ。
もっと早く切り上げるべきでした。

仕事でも何でも、迅速にかつゆるぎない決断をって思うんですが、できません。いつも後悔。


なにはともあれようやく丸太組み作業メインになりました。
カビ丸太再生に欲しかった曲面カンナも、幸運にも程度のいい中古が手に入りました。実は密かに平面用電動カンナを改造したりしてたんですが、今回実用にはならず(改造は続けるつもりですが、どうなることやら・・)。

ずーっとカンナがけ&娘の相手をしてくれてたヨッキ〜さん。
ほんとありがとう。家で写真をチェックしたけど、どれもカンナ作業してるとこでした。
次は違う構図をお願いするつもり。
イヤじゃなかったらチェンソーも、ね。。
20061022kawamuki.jpg


posted by TA at 21:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | ログハウスビルド

2006年10月13日

電気がついて切りまくりモード突入?

20061008denkyu.jpg

10/8,9のログサイト。
やっと電気が来ました。なんだかシミジミ。
「なにニヤついて・・」とひとの顔みてニヤニヤしてるSA。
空気を察知して「みせてみせてっ」と割り込んでくる子ども達。

裸電球1コの灯りで豊かな気分に・・お安い家族です。

20061008souko.jpg
物置の続き

今回、職場で同期のSさん(キャリアは全然上ですけど)夫妻、ご夫妻の友人のTさんが訪ねてきてくれました。

Sさんには物置の外装をお願いしてしまいました。
私は内部の棚作り。


20061008planer.jpg丸太表面の削り

カビた丸太をカンナがけ。防カビ塗装してた丸太もやられ始めてました。あとから柿渋を塗った丸太はセーフ。
既に組んでた丸太とこれから積む丸太数本、結構大変で交代々々。のはずが、Sさん奥さんには、初めての電動カンナ&サンダー作業にもかかわらず、かなりの量をやってもらい、大助かり。

平カンナでも結構できるもんですね。それでもやっぱり曲面カンナが欲しい。

20061008kinoko.jpg
森の恵み

お隣からいただきました。森の中で採れるんだそうです。てっきりカラマツタケだと思い込んでたんですが、どうも違うようです。名前を教えてもらったけど、聞き慣れなくて思い出せないとのこと・・

汁物にしていただきました。なめこのようにとろみがあって美味。


20061008shugo.jpg俳句の秋の季語に「秋麗(あきうらら、しゅうれい)」というのがあるそうです。
深まりゆく秋の気持ちよく晴れた日のことをいうようです。学生さんに教えてもらいました。
今回はまさにそれでした。

そんな空気につつまれて、ほうとう、チリビーンズ、おでん、栗ご飯、焼肉、・・
食べまくりでした。いい季節。
Sさんご夫妻に感謝。


長年スイス在住でちょっとだけ帰国したところを立ち寄っていただけたTさん。ケーナを吹き、夜空の星々の話を聞かせてくれました。お孫さんもいらっしゃると聞いてびっくり。
日曜朝に出立され、写真もなし、ろくにおもてなしも出来ませんでした。
次の機会までにはゆっくりお話の聞ける環境をば・・

そうそう、9日夕方撤退する途中、森の奥へ少し行ったところで、イノシシ親子発見。
いるとは聞いてましたが・・・いました!

posted by TA at 22:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | ログハウスビルド

2006年10月05日

電気用品製造事業届出書

20061004pse.jpg

1ヶ月ほど前、PSEの事業届出をしました。
受理されて、スタンプが押された届出書(控)が、昨日届きました。

これで電気製品や電気製品と一体となった家具などを作ったときに、それを販売することが出来るようになります。検査して記録簿を作るなどしかるべき手続きが必要ですけど。

で、真空管アンプの製造販売なんて無茶をするつもりかというと、そうではありません。
Lumiere&Luceのwhitecoatさんから、PSE施行でガラス工芸家が対応に苦慮していると聞いたのがきっかけです。ステンドグラスの電気スタンドなどを作って売る場合にひっかかってしまうようです。
ということで、今回はガラス工芸作家(!)で届出しました。

BSE(全然違うけど)ほど目立つ問題になりませんでしたが、PSEもいろいろ問題ありと考える人は多いようです。個人的には中古家電をリサイクルショップで引き取ってくれなくなったのが痛い。まあ、電気を使う作品をチョコチョコっと作っては販売してるような個人も対象だなんて聞くと気になりますよね。たまに個人売買するくらいならOKだそうですけど、仕切りが曖昧で・・

ここでは個人がいかに手間や費用をかけずに作品にPSEマークを貼って売ることが出来るかってことで体験談なんぞ報告できたらいいかなと思っています。

さて、届出手続きですが、届出書はサイクルショップ対応と思われる簡素化表記で作成しました。電気用品区分や型式区分はしてません。これであっさり通りましたので、ご入用な方はどうぞ。

  電気用品製造事業届出書テンプレート(Word形式)
  電気用品製造事業届出書テンプレート(PDF形式)
  記入例(PDF形式)

これを自分の住んでる地域の経済産業局担当窓口に提出します。
私は郵送で提出しましたが、届出書2部と切手を貼った返信用封筒が必要でした。
posted by TA at 08:03 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月03日

リアスポイラー補修

20060927rearspo.jpg

車のリアスポイラーを補修しました。
割れたのは2週間ほど前。割ったのは?
ショッピングセンターの駐車場で車庫入れバックしてたら、思いがけず障害物があったとか・・

面倒なので粘着テープで留めてOKとしていましたが、いよいよ車検が迫ってきたのでとりあえず取り繕わねばと・・

20060927putty.jpg材料

写真は、補修パテとサフェーサー。補修パテは、2液性のエポキシ樹脂にガラス繊維が混ざってるもので、裏打ち用のガラスクロス付き。
サフェーサーは、白色でボディ&バンパー用と書いてあったものを選択。樹脂バンパーにはバンパープライマーを併用しなくてはいけないようですが、スポイラーの素材はかなりカリカリの樹脂なので、プライマーは省略。
他に、瞬間接着剤、速硬性エポキシ接着剤、ボディカラーのペイントスプレーを用意。

20060927glass.jpg下処理

変形した部分は思い切って割り取り、断面やケバはカッターやサンドペーパーで均しておきました。亀裂には瞬間接着剤を垂らして接着。裏打ちするガラスクロスを接着するため、サンドペーパーで内側の接着面を荒らしておきます。荒らした部分にエポキシ接着剤を塗り、ガラスクロスを貼ります。内側に貼り込むのはちょっと面倒ですが、つまようじで適当に押さえてたら、なんとなく収まりました。



20060927putty.jpg
パテ盛り

ガラスクロスがしっかり固定されたらパテ盛りです。周囲の面よりややこんもり盛るのが基本だと思いますが、盛り過ぎると後の削りが大変なのでギリギリに。
エポキシ樹脂のパテってことでねっとり系かと思ってたら、案外シャバシャバしていて使いやすかったです。
硬化時間は1時間ほど。



20060927kezuri.jpg
研磨

硬化したて(?)がサクサクしてて削りやすいです。一般的にエポキシ系のパテは日を置くと結構カチンカチンになって苦労します。
まず、よく研いだノミで大まかに削って面出ししました。その後、耐水ペーパーで研ぎ。番手400のやつだけだったので、ちょっと効率悪かったですが、地道に研ぎました。


20060927sufgo.jpg下塗り

いきなり装着されてますが、まだ下塗り段階。途中で時間切れです(翌朝車検)。

サフェーサーを吹いて乾かし、ペーパー研ぎ、、を3回だったか。サフェーサーなので艶こそないものの、いかにもホワイトって感じのボディー色なので色味は案外違和感ありませんでした。
このままでもいっかな〜なんて思い始めてたり・・


車検の報告はまた後日。
posted by TA at 01:23 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。