2006年08月09日

今週末から出動予定

金曜日から来週いっぱい出動予定です。

金曜日は、材木屋さんで皮むき作業をする予定。
その後、いよいよ材搬入。
しかし、電気の引き込みがまだ。
困った。

まあいろいろとやることはあるでしょう。
中盤には河口湖の森と湖の楽園でチェンソーカービング大会の手伝いもあります。

そうそう、テント泊ならどうやら支障なく寝泊りできるようになりましたので、お手伝いいただける方は是非よろしくお願いします。
←の下のほうに連絡先書いておきました。

posted by TA at 09:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ログハウスビルド

2006年08月08日

小黒川渓谷キャンプ

20060805kanbatsu.jpg

週末、キャンプに行ってきました。
長野県の森のライフスタイル研究所というNPO主催、子ども達に2泊3日の野外活動をしてもらう「森のちからキャンプ」(子どもゆめ基金助成事業)。
そのサポート部隊の一員でした。

公募で参加した約40名はほとんどが小学生。
上の写真のような林業体験(間伐作業)あり、川遊びあり、キャンプファイヤーあり・・というような内容。

場所は、長野県伊那市にある小黒川渓谷キャンプ場。
例によって全景写真を撮り忘れました。詳しくはキャンプ場ホームページで。
豊かに水が流れる絵に描いたような渓谷のキャンプ場で、ロケーションは抜群。
長野は空気感からして違いますね。きれいな湧き水があって、冷たくて美味くてサイコーでした。
施設はきれいですが、炊事場やトイレの数はもう少し多くてもいいかも。

20060804kawaasobi.jpg

キャンプ場内を流れる小川

子ども達の格好の遊び場ですね。
水はかなり冷たくて、私は3分も入っていられませんが、子ども達は平気。

夕方には何重にも小石のダムが出来上がってました。
とにかく子どもは水遊びが好きですね。

ちなみに、うちは一家で参加。
SAが炊事スタッフとして働くのを横目に、私はのんびり子どもと遊んでばかり。

こんなんでいいのか?


20060805hotsalad.jpgダッジオーブン料理

2日め夕食は、塚原先生のダッジオーブン料理実習。
写真は、ホットサラダ。野菜に塩と香辛料を振りかけ、ダッジオーブンで加熱しただけ。野菜の甘みと旨みが凝縮されてうまい。
このほかに、大量のタマネギをベッドにして大量の手羽先を入れ、トマトソース等を振りかけて、蒸し焼きにした料理もありました。


20060804carving.jpg
巨大カブトムシを木に括りつける栗田師匠

昆虫採集と間伐作業の合間。
チェンソーでカブトムシを30分ほどで彫り上げ、
よさ気な枝ぶりのところまでスタタッと登り、
ロープで括りつけ、、

これには森林組合の人も「おおーっ」。


昆虫採集自体は、昼間なのでそこそこ。
カブトムシやノコギリクワガタ、コクワガタが数匹ずつ。
朝、森に入ったスタッフは、ミヤマクワガタゲット。子どもの頃の憧れでした。いいな〜。


20060805campfire.jpg

夜はキャンプファイヤー。

天気にも恵まれ、夏休み満喫のキャンプでした。
posted by TA at 18:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年08月03日

花火は良かったけど問題勃発

20060801ne.jpg

前回、掘り出した木の根。人の背丈ほどのがゴロゴロンと。
泥がついているので、チェンソーで切り刻むわけにもいきません。
しばらくはこのままで・・

20060801yosakoi.jpg花火大会はよさこい踊りもあって・・

山中湖の花火大会は湖上で打ち上げるのですが、打ち上げ地点が4か所あります。今年は山中地区で見物しました。
昨年の旭日丘地区ののんびりした雰囲気もよかったのですが、出店がずらーっ、太鼓やよさこい踊りでドンドンドンっていうのも夏っぽくていいですね。
なにも4か所同時にやらんでもって感じですが、遠景、中景、真上みたいなのも贅沢かもと。

20060801seiti.jpg地道に整地作業したので結構平ら〜

スコップ、一輪車、レーキで地道に手作業。
バックホーでおおよその勾配は作ったつもりでした。しかし、バックホーと手作業では視点が違うというか、ものさしが違うというか・・
地表で見る凸凹は、とんでもなく険しく見え、実際ひと山一輪車5杯分くらい。それを延々と高いほうから低いほうへ。。
一部残ってますが、まあなんとか。


20060801logtable.jpgカラマツ材でログテーブル作り

直径30センチほどのカラマツを選んで、皮を剥き、ログテーブル作り。
カラマツの皮部分にはガラス繊維のようなチクチクが沢山含まれています。手のひらにも身体にも刺さりつつ皮を剥き、、
ひぃこら運び、、
スクライビング・スコアリング、、
チェンソーでノッチやグルーブを刻む。。
まだ途中・・



さて、問題勃発。

仮組みを予定していた場所を掘り返すと、以前建っていた建物の基礎と思われるコンクリートの塊が現れたこと。全貌は把握してませんが、1メートル四方を探索したところ、それ以上の大きさはあるような、、
困りました。
ちょっとめげて、またしても仮基礎埋められませんでした。
作業場のレイアウトプラン変更・・か。
posted by TA at 22:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ログハウスビルド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。