2006年05月09日

カヌー製作備忘録・グルー

canoeglue0.jpg

久々のカヌービルドメモ。
ステッチ&グルー工法のグルー(接着)工程です。

接着剤はエポキシ樹脂。ホームセンターなどで普通に売られている2液性の淡色透明タイプを使用しました。しかし、これは不経済だったような気がします。500グラムパッケージ3個くらいで足りるかなと思ってはじめたら、買い足し買い足しで倍以上使ってしまいました。

お勧めは、後のFRP加工でもエポキシ樹脂を使うことにして、低粘度タイプを10リットル程度と粘度調整パウダーを買って、接着にも流用することです。

canoeglue1.jpg歪み調整

ステム(船首船尾)両端にビニール紐を渡して基準にし、芯の通りと左右の幅をチェックします。板材の寸法にそもそも狂いがなければ、ハル(船体)上部で左右幅が少々違っても問題ないと思います。むしろ、芯の通りが重要です。船首から船尾まで中心に来るべき部分が一直線上になるように念入りに調整します。
この状態で型崩れしないように、ステムおよび船底の数箇所を接着し、センタースウォート取り付け位置に適当な長さの角材をかませました。


canoeglue2.jpg接着

船体をひっくり返し、中央の合わせ目にエポキシ接着剤を入れていきます。
最初はヘラを使ってましたが、シリンジのほうが断然作業性がいいです。多少盛り上げて入れても、硬化後にはややひけてしまうので、再度盛り付けました。
中心ラインを接着しただけでかなりカッチリします。
この段階で形が決まってしまいました。


canoeglue3.jpg下地仕上げ

接着剤が硬化したら、はみ出た部分等を削り落としながら、気に入った形に整形します。
写真では小型のベルトサンダーを使っていますが、すぐに目詰まりして使いにくいです。ディスクサンダーで大まかに削り、手で仕上げたほうが楽です。

次の工程でガラスクロスを貼るので、あまりカクカクしてないほうがいいと思います。私はカクカクを残し過ぎてあとで苦労しました。




posted by TA at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | カヌービルド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。