2006年05月08日

柏餅

20060506kasiwa1.jpg

昨日、相方SA陣頭指揮のもと柏餅を作りました。
こどもの日から遅れること2日。

  材料:
   上新粉  250g
   水    350g
   あずき餡 ?g
   柏の葉  10枚

20060506kasiwa2.jpg具材準備

餅は、上新粉に水を加え、かき混ぜ、電子レンジで5分強。結構シャバシャバだったのが、しっかり餅になってました。これを揉むと、きめ細かく滑らかな生地に。

あずき餡は、やや固め。

柏の葉は、洗って水気をふき取る。


20060506kasiwa3.jpg
手順1

餅を10等分し、小判型に伸ばす。
ラップでサンドイッチして伸ばすと楽。

餡をお好みの分量のせて、包む。
量が多いと当然包みにくいです。
でもあんこ好きにはこの充実感が堪えられません。



20060506kasiwa4.jpg
手順2

柏の葉で包む。

本来はこのあと蒸すらしいですが、今回は省略してました。
出来上がってすぐに食べてしまったので、柏の葉の存在意義が?
でも、出来たてはうまかったです。特に餅が。



20060506kasiwa5.jpg番外

張り切って製造作業に参加していた上の娘NAが、突如「あんこきらい!きなこがいい!!」と言い出し、一部きな粉餅に。
えらいノリノリであんこ包んでたような気がしたけど。。
NA曰く、「きなこきなこきなこきなこ・・」

いざやってみると、、おお小判、うまそう、、でした。


来年は5月5日にちゃんと作りたいですね。


posted by TA at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

 

伐木・植栽(前哨戦)

20060505batsuboku.jpg

5月4〜5日は、再び山中湖。
伐採許可が下りた木の中で、自分で倒せそうなモミとミズキを伐採しました。

今回の伐採許可申請では、建築物と重なる9本と切るべき時期にあって建築してからでは切りにくくなるカラマツ等14本を申請し、許可を得ました。

規定では、立ち木のジャマにならないように建築物を配置することが推奨されています。しかし、どうしても予定建築物に干渉してしまう木は、申請して認められれば切ることができます。また、樹齢や背丈などで切るべき時期が来ている木も認められれば切ることができます。

敷地には大小100本ほどの木があり、10メートルを超える木が60本ほど。背の高い木の多くはカラマツで、20メートルを超えるものも20本近くあります。

伐倒経験数回しかない身では、さすがに20メートルの木を被害を出さずに倒す自信はなく、それらはプロに任せることにして2本だけ自分達で倒しました。

やったことがない相方SAをメインにしての伐倒作業でしたが、問題なく予定通りの方向に倒れてくれました。無難な方向に倒れてくれそうな木を選んだので当たり前といえば当たり前ですけど。直径20センチ弱、背丈10メートルほどの木ではありましたが、倒れていく様は心揺さぶられるものがありました。

20060505momiji.jpg樹木3本他を植え込む

モミジ、ヒメコブシ、ハナズオウを1本ずつ。
あと、コデマリ1株、ブルーベリー2株。

はたして厳しい寒さに耐え、無事根付くことが出来るのか?
植木屋さんは大丈夫といってましたが・・

植え方は、地面より気持ち高めに植えます。
樹皮堆肥なるものを土にすき込んで、、
これも植木屋さんのアドバイス。
普通の堆肥じゃだめなのか?
山には山の方法があるんでしょうか。

それにしても穴掘りって普通しんどいものですが、ここの土はふかふかで楽勝でした。水分を含んでいるのに、感覚的には乾いた鹿沼土を相手にしてるような感じ。
こんなんで家は大丈夫ですかね?


人間の都合で切られたり植えられたり、木にとっては迷惑この上ないでしょうね。
posted by TA at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ログハウスビルド

 

Anchuさんとこでログ手伝い

20060504anchu.jpg

5月3〜4日は、富士山の反対側、朝霧高原でログハウスをセルフビルドしているAnchuさんのところへおじゃましました。

もう建具も入って、雨風関係なく滞在&作業できます。

20060504yuka.jpg
ロフトの床張り作業

広さは8畳くらいでしょうか。
シェットドーマーを大きくとっているので、明るくて広々しています。

1階天井照明の電気配線を仕上げた後、端から床材を張り込んでいきます。
材料はいわゆるホワイトウッド、24ミリ厚、本ザネ加工、表面仕上げ済みです。455スパンの根太に直接張り込んでいきます。厚みがあるので非常にしっかりしています。
薄い床材だと、床下地や1階天井を何とかしとかないと強度や見栄えの点で心配になりますが、厚みのある床板だとそれだけでバッチリ。


今がちょうどいい陽気で、子どもたちものびのび遊んでました。
作業のほうものびのびと。。適当なところで切り上げ、日帰り温浴施設へ出かけて汗を流し、夜は焚き火を囲んで飲み食いしながらおしゃべりと贅沢に過ごしました。テント泊にもいちばんいい時期って感じでした。

自分のサイトでもこんな時間を過ごせたらいいのですが。
posted by TA at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ログハウスビルド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。