2006年05月07日

工作物新築許可申請書提出

20060503sakura.jpg

山中湖もようやく桜が満開です。

5月2日、特別地域内工作物の新築許可申請書を提出してきました。
GW最初の土日で仕上げるつもりが時間がとれず、結局前日仕事を終えてから徹夜でやっと完成させました。

一般に住宅を建てる場合にクリアすべき法律は、都市計画法や建築基準法ですよね。我々がログハウスを建てようとする敷地は富士箱根伊豆国立公園内にあるために、これに加えて自然公園法もクリアする必要があります。環境保護のため、取水・排水、植物の採取・植栽などのほか、建物の高さ、建ぺい率、構造、色彩、看板等に関していろんな制限があります(山中湖村役場のホームページ説明があります)。

この制限と環境維持に尽力している人々のおかげで、自然の中でそこそこ便利な生活をなんていう都合のいい条件でも(しかもログハウスをセルフビルドしようなんていう妙な一家を受け入れてくれる)土地が見つかったのだと思っています。そこを忘れてはバチがあたるかもしれません。

20060502sinseisho.jpg
申請に必要な書類

許可申請書表紙、申請等概要書、案内図、敷地現況図および敷地面積求積表、現況写真、工作物配置図、平面図および延べ床面積求積表、水平投影面積図および求積表、立面図(彩色、色番号指定)、断面図、構造図、修景図。


申請書表紙および添付書類作成に関する指示は、山梨県のホームページからダウンロードできます。ただ、ダウンロードしたファイルにはない申請等概要書が必要だったりします。また、山中湖の場合、富士急行の管理する地域では、建築承諾書というのを管理者から取得し、添付する必要があります。

この辺のことは、県のみどり自然課というところに相談すると教えてくれます。受付窓口は村役場ですが、審査はみどり自然課というところでするようです。

私の場合、電話で必要書類について相談し、とりあえず作成してから1度出向いて不備を指摘してもらいました。今回も完成書類をまず見てもらい、その後村役場にもって行きました。

すんなり通るといいんですが、なにしろ初めてのことなのでどうなることやら。
事前に相談したりしたので通らないことはないと思うのですが・・


posted by TA at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | ログハウスビルド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。