2005年10月30日

また小型スピーカー・スパイラルホーン完成

helix75kansei.jpg

やっと完成しました。
木肌からくる質感は奮発しただけのことはあったような。。
側板をノックすると予想通り野球のバットのようにコーンといい音(^_^;

先週土日は結局ほとんど時間が取れず仕舞いでした。
平日もあれこれあって、睡眠不足の日々。
この土日はどちらか一日自由時間にしていいと寛大な措置が講じられた(感謝感謝!)ため、いそいそと製作に。。

helix75front.jpgフロント部材

スピーカーユニットおよびスパイラルホーンのための穴をトリマであけ、表からホーン穴を面取りしてアールをつけ、裏に取り付け補強用にパイプ径にくり抜いた合板を貼ります。
トリマで円形にくり抜くときは、テンプレートを作ってフラッシュビット等で抜くほうが確実です。4ミリ厚のベニヤ板をサークルカッターで切り抜きテンプレートを作りました。

スピーカーユニットのマグネットカバーが大きく、板との隙間が数ミリしかありませんでした。音抜けを心配して、隙間を拡大すべく取付け穴の裏側を少し面取りしました。



helix75naibu.jpg

内部の様子

スパイラルホーンは、接着する面をサンドペーパーで荒らし、エポキシ接着剤で固定。

吸音材は、断熱材として売られているロックウールを使いました。少なめにするつもりが、結構入れてしまいました。



helix75sime4.jpg

接着中・・

面倒なので板材は全部接着です。
調整は、スピーカー取付け穴から(?)

手持ちのFクランプではとどかないので、締め具を作りました。
全ネジに蝶ナットなので締めるのが面倒ですが、締めつけ力は十分。



接着完了後、角をトリマで面取りしてアールを付け、あとはひたすらサンディング。
スパイラルホーンの軸の先端に、芯に使ったラミン丸棒の残りを丸く削って作った突起を付けてみました。


さて音ですが、、

ユニットの外観から、キラキラした音を想像していたのですが、大外れ。
スッキリしっかりした音です。鳴るべきときに鳴り、余計な音は出しませんという感じ。
余韻のようなものは非常に少なくて、そっけなく聞こえることもあります。
ですが、解像度が高いというのでしょうか、鳴ってる楽器がごちゃ混ぜにならず明瞭で、定位も良好、臨場感はかなり高いと感じました。低いほうも、ズシンとはきませんがかなりがんばって出ています。打楽器やウッドベースを弾く音がかなりリアル。

妙な響きはなく、無理なくすーっと音が出てる感じです。
ボーカルものが少し艶っぽく出てくれるのが好みですが、こういうモニター的なスピーカーもいいですね。
しばらくはセッティングやら機器の組み合わせやらで楽しみたいと思います。

このスピーカーユニットもスパイラルホーンという方式もポテンシャル高いと思いました。自分なりにいろいろやってみるのも面白そうです。
posted by TA at 01:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自作オーディオ

2005年10月21日

また小型スピーカー・箱作り

spiralhako.jpg

箱作りをはじめました。
材料は、タモの無垢材で、厚みが22ミリ。
かなり奮発してしまいました。

ほんとうは15ミリ厚合板の予定でした。
仕入れに近くのホームセンターに行くと、厚めの合板がなぜかありません。ジョイフル本田(荒川沖店)ってかなり大型のホームセンターで、いつもは山ほどあるんですが・・
地震の影響? ・・なわけないですね。

明後日の日曜は幼稚園の運動会があります。
「土曜日は場所取りに並んでこいっ!」と指令が出ています。
週末で作ろうと思うと、ホームセンター巡りをしてる余裕はなさそうです。

ふと気が付くと、タモ材の前。

「あっ、これにしよう!」
「まてまてっ、無垢材って音的にどうなんだ?」
「これだけ厚けりゃ内部損失もそれなりに」
「堅いからきっと響くぞ・・」
「タモだから野球のバットみたいな響きかも!気分いいかも!」
「ほんとか〜?」

しばし葛藤の末、試してみることに。

オリジナルと同じ容積とするため、板厚が増えた分少し大きめにカット。
木工用ボンドをぬって突き合わせ、もはや百均の大人気定番商品らしいFクランプで締め上げます。
posted by TA at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作オーディオ

2005年10月20日

整理してたら20年越しの・・

merryuma.jpg

ガラクタ整理をしていたら、製作途中でおよそ20年間放ったらかしの馬が出てきました。
ふとしたきっかけでメリーゴーランドを作りはじめ、かなり熱中。
しかし、ステージ上を馬が上下しながら周回する様子をみて、ホッと一息ついて力尽き、そのまま。

当時は、今では考えられないくらい集中力があったようで。。競馬雑誌を買い込んで、ファンドという人形造形用粘土で、2週間空いてる時間はすべて馬作り。粘土を盛り付けるスパチュラはステンレス丸棒を削って自作。不要ヵ所を削り取るナイフも細長いのがいるかなと思えば、ゼンマイの鋼材を砥石で研いで刃をつけ、柄を木から削り出して手作りしてました。

merryumazai.jpg
量産した馬パーツ

粘土で作った馬は、型を作るために足と尻尾を切り離し、シリコン樹脂で型取り、ウレタン樹脂でキャスティングしました。

そういえば、最初は手に付いてもなんともなかったウレタン樹脂にある日突然かぶれ出して大変な目にあいました。手足ブツブツ、カオはまさしくお岩状態。


merryumatochu.jpg

馬の装飾

薄い青色の部分はエポキシパテ。頭部の紐や金具(?)は真鍮線をより合わせたりして作ってあります。
馬の複製は素の馬だけにして、装飾は同じにならないように1頭毎に造形するつもりだったようです。全部で16頭必要だったはず。やる気先行は昔から。。



merryaka.jpg出来上がりはこんな感じ

体高7センチ前後。競馬雑誌を参考にしたので、とっても足が長くてスマート(?)
バランス悪いし、表情硬くてつまらないし、今見るとなんだか恥ずかしいですね。

今回発掘されたとき、包んでいたクッション材が馬本体に融着しそうになってて、びっくり。あわてて取り除いたせいもあって、ところどころタダれたような跡が。。ちゃんと乾燥させてあった(ていうか包んだのは数年前。製作は20年前)のですが、油断なりません。
もう2、3年放置されてたら、どんな状態になってたことやら。


製作途中の回転ステージも陽の目を見させてやりたい気持ちはあるのですが、ひっぱり出すのは相当やっかいです。在り処は分かっているのでそのうちに。

完成はいつのことやら。。老後にのんびり、、なんて。
posted by TA at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 粘土細工・模型

2005年10月19日

また小型スピーカー

spiralhornzai.jpg

先日、コイズミ無線に寄ったときに、SA/F80AMGという8cmスピーカーユニットを衝動買いしました。マグネシウム合金のコーン、ピチピチのゴムエッジ、大きなマグネット。見た目すごくレスポンスよさそうに見えました。全体の作りもしっかりしています。小型ユニットでは最近評価が高いようです。

指の怪我もだいぶ良くなってきたので、リハビリかねて小型スピーカー作りをはじめてみました。少し前に作った2ユニットバスレフが無事引き取られ、ちょっとさびしくなってたところでもありまして。。

箱は、バックロードホーンにしようかとも思ったのですが、このユニットを使った3D−スパイラル・ホーン・スピーカーというのが評判よさそうです。ホームページには丁寧な制作手順から測定データまで公開されています。こういうご努力にはほんとうに頭が下がります。今回は、スパイラルホーンがいかなるものか勉強の意味で、コピーさせてもらうことにしました。


spiralshin.jpgスパイラルホーンの主要部品

筒の中にこのらせん状の隔壁を収めるとホーン部分が出来上がります。
らせんは同じ間隔ではなく、出口に近づくにしたがって少しずつ広がっています。

芯は15ミリ径のラミン丸棒、らせん隔壁は2芯VVFケーブルを積層です。VVFケーブルの代わりに紙テープを使ったり、板材をずらしながら重ねて作るなどいろんな作り方があるようです。



spiralmaki.jpg
作り方は?

丸棒に指定寸法で印をつけ、印を通るようにVVFケーブルを巻いていきます。
VVFケーブルは油分をふき取り、瞬間接着剤で固定していきます。

2.0ミリの銅単線が入っているのでちょっと堅く、とっかかりで戸惑いました。慣れてくると滑らかにうまく形をつけられるようになります。巻きのアールとともにケーブル自体を若干ひねるように癖をつけるとよいようです。
結構楽しい作業。



spiral.jpg塩ビ管への収め

VP75という肉厚の塩ビ管で、内径およそ75ミリです。近所のホームセンターで長さ50センチに切って売られてました。

これを指定の15センチに切り、内側をサンドペーパーで荒らし、らせん隔壁を押し込みました。
VVFケーブルは5段巻きで若干きつめのいい具合になりました。収めた後、瞬間接着剤を隙間に流し込んで固定します。きつ過ぎて入りそうにない場合は、オリジナル通り接着剤をエポキシにして、筒内壁にあらかじめ塗りこんでおくと潤滑油代わりになって入りやすくなると思います。



VVFケーブルを材料にこういう工作をするのは初めてでしたが、いざやってみると思ったより簡単で、見た目も上々です。最初は半信半疑でしたが、変な響きもなさそうで、いい材料に目をつけましたねと思い直しました。

まだ箱作りがありますが、どういう音がするのか今から楽しみです。

posted by TA at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作オーディオ

2005年10月17日

エコフェスタ チェンソーカービング 2005

ecofesta2005a.jpg

15日に千葉県長柄町で行われたエコフェスタ チェンソーカービング 2005というイベントに行ってきました。写真はステージ紹介を待つ作品達です。
一般の部15名、プロの部17名が制限時間3時間で1作品作り上げる競技会です。競技終了後、作品は会場でオークションにかけられます。10数名の審査員による評価による技術賞、来場者投票によるピープルズチョイス賞、作品のオークション落札価格で決まるオークション賞があります。

私はもちろん裏方で、受付と得点集計担当でした。

akidog.jpg

あきちゃん作、大きな靴から顔を出してるわんこです。
かわいさ全面押し出し作戦?

自然暮らしの会関係では、他に濱さん、大ちゃん、塚原@関西さん、朋奈ちゃん、永田ケイさん、國明代表が参加。ほかにCraftech関係の方々も数名。



ecofesta2005.jpg
オークション風景。
技術賞2位のNAOさんの白頭鷲。
去年に引き続き2回目とあって、ステージも会場もテンポよく盛り上がってました。
技術賞1位の太田さんの作品(サル)はいい出来だと思いましたが、落札額10万は驚き!

おめでとう!
プロの部技術賞2位:NAOさん(未だ面識ありませんが)
オークション賞2位:國明師匠
3位:あきちゃん
ピープルズチョイス賞:朋奈ちゃん
市原市長賞:塚原@関西さん



終了後、カービングには関心がないと思ってた会の番頭格塚原@関東さんが、塚原@関西さんから小型チェンソーを譲り受けてたのにビックリ!

  「カービングはじめるんですか?!」
  「おう、やるやる」

既に大ちゃんにカービングバーとソーチェンを頼んでいたようだし、こりゃ本気だ!
来年の秋には河口湖自然樂校でも新たな競技会を開催予定だとか。
みんな出るのかな?
うちはどうしよう?
続きを読む
posted by TA at 20:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2005年10月13日

日本オートキャンプ協会大会in大子広域公園グリンヴィラ

daigocaving.jpg

茨城北部にあるオートキャンプ場大子広域公園グリンヴィラで9日に行われたイベントの手伝いに行ってきました。日本オートキャンプ協会大会というのが3日間行われていて、その中のチェンソーカービングとウッドクラフト教室のお手伝いです。

指の骨折が完治してないので、もっぱらウッドクラフト担当。というか、チェンソーカービングは相方のSAの領分で、私は一度やったことがあるだけ。ログハウスビルドとカービングの練習が重なることはないのですが、子どもが小さいので実習担当と見学(子守り)担当に必然的に分かれてます。時々交代すればよさそうなものですが、実際はなかなかそうもいかないし、お互いが中途半端に同レベルでいるよりはよかろうということで、ログハウス担当とカービング担当が固定してしまいました。実際はログハウスビルドのほうが回数が多いので若干後ろめたく・・

上の写真は、左のトンボが栗田師匠作、右の熊の親子とふくろうが国明師匠作です。
これ以外にもう1作品ずつ仕上げて、正味4時間ほどのパフォーマンスでした。

ウッドクラフト教室のほうは、自然木の輪切りや枝を組み合わせて、昆虫や自動車をそれっぽく作るというような内容です。瞬間接着剤で固定していくので、枝の先っちょを突き合わせるなどということもとりあえずは可能です。
これまでにも度々行ってきた教室で、毎度のことながら子どもがメインにもかかわらず、結構お父さん達がハマっていました。
写真がないのが残念。

我々以外のイベントもなかなか面白そうでした。
ハーブアレンジメントとか、七輪とダンボールで作ったオーブンでピザを焼く教室とか体験ものもいくつもあり、ステージでは踊りや太鼓が披露されてました。

残念ながら今回は日帰りでした。しかし、このオートキャンプ場がオープンして間もない頃に一度宿泊したことがあります。私が利用したキャンプ場ではいちばん設備の行き届いたオートキャンプ場です。数年たった今回もその印象は変わりませんでした。
お湯の出る炊事場、虫のいないトイレ、門灯のあるテントサイト、温泉宿のような風呂、モデル住宅のような貸コテージ、・・
・・スゴ過ぎです。

posted by TA at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。