2005年09月30日

カヌー製作備忘録・木取り

製作本「The Canoe Shop」には、部材を切り出すためのレイアウト図面とともに、墨線を引くための座標値が載っています。材料の合板上にこの座標値をプロットし、プロットした地点どうしを滑らかに結ぶことによって部材の墨線を引きます。自作カヌーやボートの世界では、原寸大の図面からの型紙製作も少なからず行われるようですが、このような座標値プロットによる方法も一般的なようです。

さて、製作本では4フィート×8フィートサイズ(以下、4×8)の合板が前提になっています。私が用意したシナ合板は、3尺×6尺(以下、3×6)、つまり910mm×1820mmとサイズが違うので、部材をレイアウトし直さなければなりませんでした。

ハルは左右対称で、それぞれ5枚の部材で構成されています。片側の5つの部材は、2枚の4×8合板を長手方向に繋いだサイズ(4x16)から切り出されるレイアウトになっています。ビギナー対応のためか、はたまた木目を考慮してか、部材の並び順通りのレイアウトで部材のカーブの向きも揃えられておらず、かなりゆったりとしたレイアウトです。3×6合板では、長辺方向は2枚半必要になりそうですが、短辺方向は部材を180度回転させたり、順番を変えればなんとか詰め込めばなんとか3尺に収められそうな感じでした。

とりあえず、もとの座標値をExcelに打ち込みました。
製作本に掲載された座標値はインチ表記で、長辺方向一定間隔毎に上端を基準に短辺方向へ絶対座標が記されています。部材をレイアウトし直すために、これらを全て部材ごとの座標系(部材のある座標点を原点とした各地点の座標値)に換算しました。実は換算がとても大変でした。インチ表記なので、11-3/16インチマイナス8-13/32インチなどという計算をするのですが、電卓を使っても面倒で面倒で。米国人はこういうのスラスラできるのでしょうか? 電卓がUSB付き電卓というやつで、計算結果をUSB経由でExcelへ送信なんてことがカンタンにできるので、なんとか投げ出さずにすみましたけど。。

その後、部材ごとにひっくり返したり、並べ替えたりしながら、座標値を計算し直しました。そして、隙間なくレイアウトできるよう、部材どうしの隙間を最小部分で10ミリ程度取るように調整しました。その結果、3×6合板でも短辺方向に200ミリ強余裕があるレイアウトができました。

そして、墨つけ、切り出し、、

p1_4_2.jpg座標データに基づいて、基準点をプロットし、点を通る曲線を描きます。物差しとして適度に弾力のある1メートル程度の棒を用意しておくといいです。私は1辺4ミリの真鍮角パイプを使いました。

物差しをたわませて、基準点を通る滑らかな曲線にします。押ピンやテープで固定しながら少なくとも基準点を3つ通るように置ければ、きれいなラインが出ると思います。位置が決まったところで、鉛筆でなぞりラインを引きます。このラインで形が決まります。とにかく正確に基準点を通し、滑らかに描けくことが重要。



p1_4_4.jpg

ジグソーで切り出します。電子ジグソーだと、速度を微妙に調整できて切りやすいです。ジグソーブレードは、「木工超仕上げ用」というのを使いました。バリもほとんど出ないので、1ミリ程度の切りしろで切ることが出来ました。切りしろは少ないほうが後の作業が楽なので。



p1_4_5.jpg

角は、欠けないように先にカット。
その後、反対側から切り進んできます。
部材が4メートル以上の細長い板状に切り出されるので、変な力が加わらないように注意。

切り終えたら、カンナ、サンドペーパーで整形します。



p1_4_6.jpg部材の複製。

カヌーは左右対称なので、出来た片側の部材をもとに反対側の部材を切り出しました。トリマにスパイラルフラッシュビットを装着して切り出します。ビットの先に型に当てるベアリングが付いているので、合板の下に部材を押しピンで固定してテンプレートとして切り出します。トリマやルーターはこういうときには威力絶大です。5つの部材が、30分ほどで正確に切り出せました。


テンプレート側の部材は1枚仕上げるのに1時間はかかってましたから、トリマの威力絶大って感じでした。

posted by TA at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | カヌービルド

2005年09月20日

三連休は床作業に

noji20050917.jpg

晴天続きの三連休。
のんびりモードでデッキ、床仕上げ、床下地の大工仕事を3か所でしてきました。

土曜日は、お昼から知人宅のデッキ作りサポート。
到着したとき、束石の半分強が設置されていました。「まだ手伝ってもらうところまで出来てない」とのことでしたが、せっかくやる気で来たので作業参加。地面に埋め込むのですが、砕石がかなり混じった硬い地面で掘るのが大変。
ひとりじゃ大変だったでしょうに。。

デッキ材はプレカットしてあり、塗装や金具取付けも施されたキット状態で届いていました。
購入者の希望を元に図面を起こし、キット化してくれるのだそうで、さすがに束の材は現場合わせでカットする必要がありますが、他の材料はネジ止めしていくだけぴったり収まります。
キット化されたものそのものの組立て手順が図解されていて、迷うこともほとんどなく、どんどん形が出来ていきます。
大人2人半日で写真の状態に。
こういうキット作りも楽しいですね。


toilet20050918.jpg
日曜日午前中、山中湖でトイレ小屋の床貼り。
床板は、近所のホームセンターでB級品を購入しました。合板表面にブナ材が貼られた1800x300サイズの材、450円×4枚。現場あわせで手ノコでカットし、接着剤を塗り、はめ込んでフロア釘で止めます。
その間、相方SAは外側の塗装を担当。塗ってみるとなんか明るい赤茶色。木々の緑の中で妙に浮いてるような。壁の代用防水紙のグリーンが、杉板を貼って同じ赤茶になったときにどんな感じになってるか??



anchu20050918.jpg午後から富士宮のanchuさんのログサイトへ移動。富士山の反対側になります。普段なら1時間ちょっとの距離だと思うのですが、この日はひたすら渋滞で4時間近くかかりました。

奥にあるのが製作中の大きなログハウス、手前にちょっとだけ写っているのが既に完成してるミニログハウス。どちらも地元の杉で、大きいほうが6メーター材、小さいほうが4メーター材。
棟上以来ご無沙汰していたので、立派な丸太小屋になりつつある建物を前にしばし見入っていました。

こういうのを自分もやろうとしてるのかと思うと、なんだか気が遠くなりそうで。。



anchu20050919.jpg
月曜日。
3組の子連れ家族と、子どもとよく遊んでくれる元気なバイク乗りYさん、ツーバイフォーで自宅を建てたTさんが参加。朝からとてもにぎやか。

床には、断熱用にスタイロフォームを入れ、上に床下地の構造用合板を貼っていきます。スタイロフォームも合板も現場あわせでカットするのですが、5人もいると調子よく進んでいきます。
外壁塗装は、妻壁や高所が結構残っていたのですがYさんがひとりで塗り上げてしまいました。
のんびり作業しましょうというanchuさんのもとで特に目標も設定していませんでしたが、夕方には床下地と外壁塗装を終えていました。

うちのサイトもanchuさんのところのように楽しく出来るといいんですが。。


posted by TA at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ログハウスビルド

2005年09月16日

DACキット製作・NOSDAC2

nosdac.jpg

デジタルアンプを引っ張り出すついでに、DACキットも引っ張り出して、部品実装しました。ちょうどいいコンデンサーがないのを口実に止まってたのですが、やり始めたら無理やりです。大事に取っておいたオーディオ用部品を論理回路に使ったり、やたら大きいフィルムコンを足を曲げて突っ込んだり。。

モノはNOSDAC2というh_fujiwaraさん配布のDACキットの1つです。h_fujiwaraさんは、個人開発DACキットの配布活動の草分けともいえる方です。コスト度外視で物量投入してるものなど、個人ならではの面白いキットがあります。参照:お気楽オーディオキット資料館(こちらも「お気楽」でした。うっかりしてました)

PCM1700というDACチップを8個使って、4パラ差動構成で動作するそうです。
ノンオーバーサンプリングと8倍オーバーサンプリングが切り替えられるのも特徴。

鳴らすには、あとRCA端子等々調達して配線すればOK(?)

実は、オリジナルを作ろうと思って、別に部品を集めたりしていたのですが、3月にh_fujiwaraさんのキット配布再開を知って、たまらず予約購入してしまいました。聞き比べにいいかもなんて、、結局どちらも進んでませんでした。

pcm1738.jpgオリジナル製作用に集めた主要チップ。どれも既に変換基盤には載せました。

左端はインターフェース用のCS8414。

真ん中の2つがDACはPCM1738。マルチビットとデルタ狽フ2方式を折衷したような変換方式。デジタルフィルタ内臓、DSDにも対応。などなど、多機能にも関わらずDACチップとしては安価だった(確か千円しなかった)ので購入してしまいました。SSOPの半田付けは覚悟していましたが、動作設定するのにレジスタへ書き込む必要があるとは知らず、マイコンまで投入する羽目に。

右端は秋月電子のPIC877マイコンボード。

別にひょんなことからPCM1702も入手してしまったので、1738は日の目を見ないかも。とはいえ、どちらもメド立ってません。


posted by TA at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作オーディオ

2005年09月14日

スピーカー・8cmフルレンジ2発バスレフ−その後

bassref85.jpg

やっと完成しました。とっくに出来ててよさそうなものでしたが、いろいろと手を広げ過ぎておろそかになっていました。

さっそく試聴してみました。

フルレンジユニット2発にしたおかげか、ボーカルものは元気よくなってるような気がします。低音は、下はそれほど出てないようですが、量感はあり、ポップス系を普通に聞いてる分には不足は感じないのではと思います。この辺は狙い通りで、無理してない普通のバスレフになっていると思います。

しかし、スピード感というかすっきり感というか、そういうところはいまひとつかもしれません。同じFF85Kというユニットを1つ使ったバックロードと聞き比べると、あきらかにもたついた印象です。方式の違い、2発と1発の違いはあるにせよ、もう少し何とかならないかという感じです。新品ユニットだし鳴らしはじめたばかりということもあるかもしれません。また、出力1Wのアンプで駆動するのもきついかもとは思うのですが。。

実際はデジタルアンプで駆動する予定なので、引き渡すまではカマデンキットのデジタルアンプを押入れから引っ張り出してきて、エージングがてら様子をみようと思います。
posted by TA at 10:14 | Comment(6) | TrackBack(0) | 自作オーディオ

2005年09月11日

娘のチェンソー

toystihl.jpg

娘のチェンソーです。
よく出来てますが、おもちゃです。
ソーチェーンも回るし、音もします。スターターは固定されていましたが、アクセルは上レバーを押さえないと下レバーが引けなかったり、結構ちゃんとしています。

一昨年のクリスマスプレゼントでした。
2歳の娘にチェンソー?
でも娘は大喜びだったんです。
ただ、困ったことに娘はスターターが引けないことがすごく不満。
何度「おもちゃだから引っぱれないよ」といっても、「なんで?」といって引こうとします。
チェンソーといえば、スターターを引いてウィンとエンジンをかける場面が印象に残ってるんでしょうね。
そうこうしているうちに、スターターがもげてしまいました。

ビスや針金で固定すればすぐに直ったのですが、つい、、

「引っぱれるようにしようか?」
「うんっ♪」
(ニコニコな娘)

ところが、そのまま直さず今日まで2年弱。

改造に取りかかったこともあったのですが、うまくいきませんでした。
引き出しても放せば戻るような機構は、コンベックス(シュルシュルッと巻き戻るメジャー)を改造すればカンタンカンタンなんて実にお気楽に考えてました。しかし、近所の百均で買ったコンベックスはゼンマイの先端にいきなりスケールが接続されている超シンプルな構造で、そのまま紐に変えるとゼンマイに噛まれてしまってうまくいきませんでした。糸巻ボビンよろしく紐が巻かれるプーリー状の部品を1つ試作するも、プーリーがケースの中で踊ってしまいぎこちない。プーリーを滑らかに回転させつつもしっかり支えるケースを作るしか、、、なんて考えつつ日を重ね、結局頓挫。

いつ直るのかとことあるごとにたずねる娘に申し訳なく思いつつも、さらに月日は流れ。。
数日前のこと。なにげなしに百均で物色中、ふとスケルトンのコンベックスに目がとまりました。コンベックスの内部が、中心からゼンマイ・巻き取りリング・スケールとなっていて、巻き取りリングがわりとしっかりしていて、ちょっと加工すれば紐でもうまく巻き取ってくれそうな感じ。

まずはほとんど改造せずに済めばと思って簡単に、、スケールを引き出して、少し残して切り取り、残した部分に穴をあけ、紐を通して縛り、巻き取らせてみました。紐が変なところに噛んでしまうことはありませんでしたが、何重にも巻かれた紐は左右にも膨らんで壁を圧迫してしまうため、ぎこちなく、せいぜい20センチくらいしか巻き取ってくれません。

toystihlstarter.jpgやはり改造することに。
巻き取りリングにフランジ(縁の円盤というかツバというか)をつけます。ケースをこじ開け、リングを取り出します。サンドペーパーの上でゴシゴシとやってフランジ分幅つめし、薄い樹脂板で作ったフランジを瞬間接着剤でつけました。
ケースにそっと収めて具合をみると、50センチ程度は軽く巻き戻ってくれます。
よしよしということで、巻き取り機構完成。
フランジは透明な樹脂板なので、写真だとちょっとわかりにくいですね。


toystihlnaibu.jpg

チェンソー内部にうまく収まるように、コンベックスのケースを若干削るなど修正。本体部分で紐が当たる部分も滑らかに削りました。
コンベックスを瞬着で固定し、本体を元通りに組立てて完了です。



実際取りかかれば簡単な改造でした。
娘の喜びように、うれしいやら、申し訳ないやら。
ビルダーよろしく手持ちでスターターを引くのがやりたっかった様子。
ソファーの隙間にバーを差し込んで切るマネをしたりしています。
そのうち本物が欲しいなんていわれたらどうしよう。
いろんな意味で親馬鹿ですな。
posted by TA at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月09日

第2種電気工事士試験・不合格通知

二次の実技試験の結果通知が送られてきました。
試験後の答え合わせで不合格とわかってはいたんですが、あらためて通知が来るとガックリ来ますね。

材料選別試験はクリアできてたと思いますが、単位作業試験で1ヶ所間違えてしまいました。黒いIV線でつながなければならないところを赤い線を使ってしまいました。「電源から点滅器に至る電線に黒以外の電線を使用」は採点基準でいうところの重大な欠陥にあたるそうで、一発でアウトです。接地側をどこまでいっても白い線にすることは頭に入ってましたが、回路途中で色が変わることがある非接地側でのルール認識が甘かったようです。

現場で1つでもミスがあるとまずいのはわかりますが、短時間で完璧に仕上げることが求められる試験が年1回しかないというのは相当厳しいなと思いました。

来年秋までに建物が出来てるとは思えないので、次回取得できればいいんですが。。
次回は筆記試験免除だから受験するでしょうけどね。
厳しいようなら、その次はないかも。
posted by TA at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年09月07日

トイレ小屋製作・屋根材貼り

toilet20050902.jpg

トイレ小屋製作その3です。
前回、アスファルトルーフィングを貼って少し安心し、アスファルトシングルを少しだけ貼った中途半端な状態で帰還。台風11号接近のニュースに不安が募り、ルーフィングなんてフッ飛んでしまったんじゃないかと心配していました。

実際は飛ぶことなく無事でしたが、雨はすごかったらしく、ルーフィング下の野地板がびっしょり。ドアや壁のあちこちに水が流れた跡がありました。ドアは水分で膨張したらしく、開けるのにひと苦労。開けたらもう全然閉まりません。中に湿気がこもっていたらしく、壁の一部とハンモックがカビにやられていました。

軒の出を30センチとしましたが、ちょっと浅かったようです。水切り金物や壁面の防水紙を省略するつもりでしたが、入れることにしました。ドアや窓はさっさと塗装、水を室内に呼び込まないようにコーキング、などなどの対策に取りかかることにします。

toiletmizukiri.jpg屋根は、破風板と鼻隠し、水切り金物を取りつけ、アスファルトシングルを下から貼っていきます。前回は取り付けにトタン釘を使っていましたが、きちんとシングル釘を使うことにしました。

水切り金物を取り付けたので、設計時よりも屋根サイズが少し大きくなりました。おかげで、アスファルトシングルを中途半端な寸法で切ることになってしまいました。これにより、非常に手間が増えたのと、最終的に6枚不足し買い足す羽目に。


2日め、同じ職場のS氏がご夫人と一緒に来訪。
最近、土地を探している様子。山中湖周辺の雰囲気は気に入ってもらえたようでしたが、さて。。

屋根のもう片面、トタン釘を使ってシングル材を貼った部分は、水切り金物を取り付ける必要もあり、一度はがしました。室内の高気密化を図るため、外側の継ぎ目という継ぎ目にシリコンコーキングを施しました。S氏と我が相方SAが手伝ってくれるというので、壁面へ防水紙代わりにアスファルトルーフィングを貼ってもらい、ドア等の塗装をお願いしました。あとは昨日と同じように、破風板、鼻隠し、水切り金物、シングル材と屋根をやっつけていきます。

hammertacker.jpgハンマータッカーを仕入れました。
前回、屋根のルーフィングでは釘打ちで止めましたが、すごくめんどくさかったのです。
新品+針2箱、ヤフオクで800円でした。輸入物のようです。マックスの針が使えるそうですが、未確認。
以前他所で使ったマックスの高級品に比べると音も使い心地も無骨ですが、機能的には問題ありません。無骨で単純な造りなので、耐久性も問題なさそうな感じです。
やっぱり釘打ちとは効率が全然違いますね。


最終日の午後、台風14号の影響で大雨となってしまったため、また撤退前の写真を撮り損ねてしまいました。屋根はなんとか雨漏りも吹き飛びもしないところまで仕上げたつもりだし、壁とかも今回は大丈夫でしょう。

湿気対策として、風通しをよくするか、高気密にするか悩みましたが、今回は高気密で実験してみます。森の中の湿っぽい風を呼び込んでも仕方ないような気がするし、通風孔はいつでも施工できるでしょうから。

中に水とりぞうさんを3つ置いてきました。

posted by TA at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ログハウスビルド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。